ここから本文です

会計不正の内部告発者、報奨金を1億にアップ=韓国

5/2(火) 14:46配信

WoW!Korea

韓国にて、会社が隠ぺいする会計不正を告発した内部者に与える報奨金が、1億ウォン(約1000万円)から10億ウォン(約1億円)に大きく引き上げられる。

 2日、国務会議を通過した株式会社の外部監査に関する法律(外監法)施行令改正案は、報奨金上限を10億ウォンにアップした。内部者の告発なしには摘発が難しく、高い経済的誘引で告発を誘導するためだ。

 監査員指定事由も緩和した。現在は会社が管理種目として指定された場合、取引量不振以外はすべて監査員指定対象としている。しかし、管理種目指定事由には、会社不良と直接関係がなく、会社が統制することができない場合もある。管理種目となる会社すべてを監査員指定対象とするのは過度だとの指摘があがった。

 改正案は、会社不良と直接の関係がなく、会社が統制することのできない理由で、管理種目として指定された会社は監査員指定対象から除外する。現行の管理種目では、指定例外理由に株式分散基準未充足と、時価総額基準の未充足を新たに追加した。

最終更新:5/2(火) 14:46
WoW!Korea