ここから本文です

【中日】4年目・鈴木、5回途中4失点でプロ初勝利ならず…ビシエド落球から逆転許す 

スポーツ報知 5/2(火) 21:05配信

◆広島―中日(2日・マツダスタジアム)

 中日の4年目・鈴木翔太投手(21)がプロ2度目の先発マウンドに上がったが、プロ初勝利を逃した。

 4回までは毎回、走者を背負いながら無失点に抑えた。だが、1点リードの5回に先頭の田中に四球を与え、2死三塁から4番・鈴木に同点打。さらに続くエルドレッドの一邪飛をビシエドが落球。そのエルドレッドに左前打でつながれ、新井に勝ち越し打を浴びて降板した。

 4回2/3を4安打4失点(自責1)で6四球。鈴木は「無駄な四球が多いので、そこをなくしていかないと勝負にならない。また、最後(5回)は力んで(球が)中に入ってしまったので、それも反省です」と振り返った。

最終更新:5/9(火) 7:10

スポーツ報知