ここから本文です

石毛翔弥、6作目『遊☆戯☆王』主役に重圧「胃が痛く…」

5/5(金) 16:44配信

オリコン

 10日にスタートするテレビ東京系アニメ『遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)』(毎週水曜 後6:25)の取材会が5日、都内スタジオで行われ、主人公・藤木遊作役の声優・石毛翔弥をはじめ、櫻井孝宏らキャスト陣が出席した。

【画像】主人公・藤木遊作の設定画

 人気シリーズの6作目となる今作の主人公・藤木遊作は、クールで頭脳明晰、ハッカーとしても相当な実力の持ち主。その場の状況や話し相手の考えを瞬時に判断する能力に優れている。VR空間に入ると、アカウント名「Playmaker(プレイメーカー)」となり、変身する。

 今作で初主演を飾る石毛は、大役のオファーを受け「最初は『遊☆戯☆王』の世界にいると実感できなかった。現場は楽しいけど、プレッシャーで胃が痛くなる」と告白。それでも第1話のアフレコを無事に終え「初日も緊張したけど、周りの皆さまがすてきな方ばかりでほぐれました。その世界に入って、これから物語を進めていくのだと実感しましたね」と充実感をにじませた。

 「謎の生命体」という異色の役どころに挑戦する櫻井は「謎の生命体。それ以上は言いようがありません」と笑いつつ「あまりやったことのないアプローチの仕方で楽しくやらせていただいてる。どんどん(作品の)輪郭がハッキリしてきて楽しみでしょうがない。もちろんデュエルの楽しさも興奮して満足できるけど、その裏に流れるドラマが大人っぽく、年齢問わず楽しめると思う」とアピールした。

 取材会にはそのほか、木村昴、山本匠馬、中島由貴、濱野大輝が出席。初回放送を楽しみにしているファンに向けて、石毛は「僕自信も初代を見て育って、すごいワクワクした。『遊☆戯☆王VRAINS』を観て、同じように熱くなってもらえれば」と笑顔で呼びかけた。

最終更新:5/5(金) 16:44
オリコン