ここから本文です

萩本欽一、仲代達矢から「天才」の声に感激「宝物」

5/7(日) 19:01配信

オリコン

 お笑いタレントの萩本欽一(76)が7日、都内で行われたNHK・BSプレミアム『欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)』(17日 後8:00~9:00)の収録後に取材に応じた。第1回のゲストとして参加した俳優・仲代達矢(84)から「欽ちゃんはアドリブに見せながら実は計算していろいろやっていることはお見通しですよ。ふとした芝居に細かい計算が入っていて、それを計算らしく見せない…あなたはチャップリンと同じように天才です!」との声に「宝物として、お守りのように持ち歩きたい」と冗談めかしながらも感激した様子で語った。

【写真】若き日のコント55号

 同番組では萩本自らがステージで陣頭指揮を採り、劇団ひとり、前野朋哉、中尾明慶ら中堅・若手俳優とアドリブ全開のコントを作り上げるまでを4回にわたってショーとして展開していく。仲代は「なんの相談もなし、ぶっつけ本番のような感じで、60年の役者生活の中でも緊張しました。でもお客さんの顔を見たら気分が落ち着きました。やっぱり萩本さんは僕を立ててくれようと私がやりやすい方向に持っていってくれた」と感想を明かした。

 収録を振り返り「見事に演ってくれてきょうは儲かったな~と。ものすごい幸せな気持ち」と仲代の出演を喜ぶ萩本に、仲代は「欽ちゃんだったら僕を助けてくれるだろうなと思った。やりすぎちゃったかなと反省しています」と苦笑しながらも充実の表情を覗かせていた。

 きょう誕生日を迎えた萩本だが、仲代は「84歳から言わせればまだ鼻タレ小僧。だからどんどん活躍して欲しい」とエール。「私は今年最後のつもりで芝居を演るんですけど、半年地方を回ります。みんな『大丈夫』というけどやりきれるか不安です。でも引退興行とは言いません。もしそれで来年も続けばウソをつくことになるから」と話す仲代に、萩本は「『引退興行』って言って、また次も『引退興行』って言ったほうが元気みたいでいい」と助言。「引退のつもりとか、引退のはずだったとか付けていくのもいいと思いますよ」と笑いを誘っていた。

最終更新:5/8(月) 13:31
オリコン