ここから本文です

【緑茶の日】お茶が熱い! お~いお茶、伊右衛門、綾鷹、生茶の今

5/2(火) 12:20配信

投信1

今日、5月2日は「緑茶の日」です。ご存知でしたか?  最近は「緑茶」と聞いて急須でゆっくりお茶を入れる光景よりも、ペットボトルでぐびぐび飲むところをイメージする方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、緑茶を扱う飲料メーカーの足元の状況や株価動向にスポットを当てたいと思います。

伊藤園の緑茶市場シェアは驚きの35%

伊藤園 <2593> といえば緑茶、お弁当に合うペットボトル緑茶といえば伊藤園というくらいのイメージがあると思います。2015年の緑茶飲料市場は4,150億円で、同年の伊藤園のシェアは金額ベースで35%です。

2000年以降の市場シェアを見ると、01年、04年、05年に一時的に30%を切ったことがありました。また、足元は2010年の39%をピークに低下傾向にあるとはいえ、安定的に30%台の市場シェアを維持しています。

さらに、ペットボトル緑茶のイメージが強い同社ですが、葉茶、特に緑茶リーフ簡便性市場でのシェアは2015年に43%となっています。

このように、同社は国内の緑茶市場でリーダー的な存在と言えるでしょう。海外展開も積極的に進めていますが、やはり国内では圧倒的な存在感を示しています。

リニューアルに成功したキリンの生茶

キリンホールディングス <2503> の生茶は、伊藤園の緑茶市場での立ち上がりを横目に2000年に販売が開始されました。

生茶は同社の商品ポートフォリオの中でも、コーヒー、水(小型)に次ぐ収益性の高い商品です。また、緑茶は市場成長率が高いこともあり、同社は最近、生茶のリニューアルを通じて改めてブランディングの強化とシェア拡大を追求しています。

しっかりとブランドを確立したサントリー食品の伊右衛門

ペットボトル緑茶市場では上記2社にやや後れて、2004年に市場投入されたのが伊右衛門です。同製品を扱うサントリー食品インターナショナル <2587> は2013年に上場を果たしています。

同社は後発とはいうものの、マーケティングで策を凝らすと同時に販路の選定などで伊右衛門を着実に根付く商品へと育ててきました。

最近では2017年3月にリニューアルをしていますが、2017年1-3月期の伊右衛門は販売数量が対前年比で+10%増となりました。これは、同社の基幹商品であるサントリー天然水やBOSSと比べても高い伸びとなっています。

1/2ページ

最終更新:5/2(火) 12:20
投信1

チャート

伊藤園2593
3770円、前日比-10円 - 9/25(月) 15:00

チャート

キリンホールディングス2503
2619.5円、前日比+43.5円 - 9/25(月) 15:00