ここから本文です

マカオ、海外労働者数が増加に転じる…景気回復で=人口の約3割占める約18万人

5/2(火) 11:15配信

マカオ新聞

 マカオの海外労働者数は昨年(2016年)6月末に18万2459人でピークを迎えた後、コタイ地区の大型IR(統合型リゾート)の相次ぐ完成により、その多くを海外労働者に依存する建設業で雇い止めが進んだことなどを受け、昨年12月末には17万7638人にまで減少した。

 一方で、マカオ経済の屋台骨となるカジノについては、マカオの月次カジノ売上は2014年6月から昨年7月まで26ヶ月連続前年割れとなったが、8月に上昇に転じて以降、今年4月まで前年を上回る状態が続いている。景気回復を受け、企業による求人需要も拡大しているようだ。

 最新統計によれば、今年3月末時点のマカオの海外労働者数は昨年12月末から2241人増の17万9879人で、18万人の大台まであと一歩と迫っている。なお、今年3月末時点の海外労働者の雇用許可(いわゆる海外労働者雇用枠)は昨年12月末から1250人分減の20万6002人分だが、雇用率は87.9%で過去最高となっている。

 海外労働者の出身地別では、中国本土が最も多く、それに次ぐのがフィリピンとなっている。

 マカオの面積は約30平方キロ、人口は約65万人、年間インバウンド旅客数は約3000万人。海外労働者数は人口の約28%を占める。

最終更新:5/2(火) 11:15
マカオ新聞