ここから本文です

<オルカ鴨川FC>アウェイで愛媛Lに1-1の引き分け 順位は3位を維持

5/2(火) 12:07配信

ちばとぴ!チャンネル

第5節を終え、3勝2分0敗の3位で迎えた第6節が4月29日(土)午前10時半キックオフ、愛媛県総合運動公園球技場で行われ、日本代表選手を擁する愛媛FCレディース(愛媛L)と対戦した。

午前10時半という早めのキックオフ時刻であったが、同日、隣接するニンジニアスタジアムで愛媛FC男子トップチームのJ2の試合が午後開催されたこともあり、スタンドには愛媛FCサポーターが多く駆けつけた。

また、オルカサポーターも遠くより50人近くが集まった。

前半、キックオフ直後から一進一退の攻防が続く。

愛媛Lは持ち前のパスワークでオルカゴールに迫るが、オルカのディフェンスの出足やプレッシャーも良く、決定機にはならなかった。

対するオルカも中盤で相手からボールを奪いチャンスを演出したり、この日初先発となった19番岡野有里子選手の俊足を活かした攻撃で徐々にペースを掴んでいく。

そして、前半37分、相手ゴール前の展開から最後はNo.13佐藤衣里子選手が右足で冷静に決め、待望の先制点をあげる。

しかし、その直後の前半40分、相手に与えたCKからヘッドで合わされ、すぐさま同点に追いつかれてしまう。前半は1-1のまま終了した。

後半も一進一退の攻防が続くが、愛媛Lも何度か決定機をつかむもシュートがゴールポストに当たる幸運などもあり、得点を許さない。

オルカも終盤、No.23番平野里菜選手、No.18番西尾麻奈美選手、No.20番土屋佑津季選手を投入し、ミスが出始めた愛媛Lに早い攻撃で決定機を演出するも得点には至らず。

試合はそのまま終了し、1-1の引き分けとなった。
オルカは第6節を終了した時点で、3勝3分0敗の勝点12となり、1位F日体大(勝点16)・2位C大阪堺(勝点14)に続く、3位につけている。

次節、オルカは5月6日(土) 午後1時キックオフ、ニッパツ三ツ沢球技場でニッパツ横浜FCシーガルズと対戦する。