ここから本文です

【F1】ベッテル、スペインGP以降レッドブルが先頭争いに加わってくることを「願っている」

5/2(火) 9:10配信

motorsport.com 日本版

 今シーズン序盤、出遅れる形となってしまったレッドブル。彼らは空力開発に定評があるため、レギュレーションが大きく変更された今季は躍進するはず……という見方が強かった中、現在の状況は意外とも言える。

【コンストラクターズランキング】メルセデスとフェラーリから、レッドブルは大きく遅れている

 レッドブルはその状況を打破するため、RB13の開発を進めており、次のスペインGPにはアップデートが加えられると言われている。

 元レッドブルで、現在はフェラーリに在籍するセバスチャン・ベッテルは、スペインGPでレッドブルにアップデートがもたらされれば、状況が一変する可能性があると考えている。

「それによって、メルセデスや僕らとの、非常に接近したレースになると思うし、僕はそれを願っている。レッドブルがペースを上げてくることを願っているんだ」

「(アップデートに関して)たくさんの噂がある。彼らは強いチームだし、速いクルマをどう組み立てればいいかを理解している。だから、それは時間の問題だろう」

「もし速くなれば、僕らにとってはよりエキサイティングになる。僕らには適切な人材や道具が揃っているから、進歩を遂げることができると思う。だからあとは、他チームが何をしてくるかにかかっている」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームの状況は簡単ではないと認めたものの、次のスペインGPで何ができるか、楽しみにしていると語った。

「我々は自らに対し、すべき課題を多く与えてきた。しかし、チーム全体がそれに集中している。そしてうまくいけば、次のレースから我々は進歩を始めることができるはずだ」

Jonathan Noble