ここから本文です

【社会人調査】あなたの仕事に「ノルマ」はありますか?

5/2(火) 12:47配信

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。5月1日の「社会人意識調査」のテーマは「あなたの仕事に『ノルマ』はありますか?」。はたして、その結果は……?

Q.あなたの仕事、ノルマはありますか?

ある 34.5%
ない 65.5%
(回答数:328票)

◆「ある」派の意見
「タクシードライバーをやってます。営業目標はありますが、絶対守らねばならないということはありません。ある意味、運が絡む仕事なので」
(東京都 24歳 男性 会社員)

「個人的にノルマがあるわけではなく、『課』全体でのノルマです!」
(東京都 26歳 男性 会社員)

「営業の仕事をしている以上、ノルマはあって当たり前です。私の仕事は億単位になるので、必然的にノルマはそれくらいの金額になります。中途で入社してから、まだノルマは達成していないですけど、ゴールデンウィーク明けにいいスタートダッシュをかけれるように、この休みの期間はしっかりリフレッシュしておきます」
(埼玉県 37歳 男性 会社員)

◆「ない」派の意見
「私の仕事にはノルマはありません しかし、納期に応じて1日の仕事量が変わります。そして、注文もいつ入ってくるかわからない、突然の納期短縮願いなどザラにあるので、体力の限界まで仕事をこなさなくてはならないという感じです」
(神奈川県 27歳 男性 会社員)

「社員育成が仕事なので数字のノルマはありません。でも、社員の成果が私たちの評価になるのでプレッシャーという名のノルマが課せられてますね(汗)」
(千葉県 32歳 女性 会社員)

「ノルマはないが売り上げ目標はあります。目標が未達成だと改善報告書を提出させられます。とても嫌です」
(東京都 41歳 男性 会社員)

番組リスナーの投票による結果は「ある」が34.5%、「ない」が65.5%と、仕事にノルマがある人は3割程度にとどまりました。番組に寄せられた意見を見てみると、仕事でのノルマはないものの、個人・部署全体での目標や納期などに追われ、目の前にある数字と戦っている人が多いという印象でした、

【20代は「ある」が4割近く】
男女別では、「ある」と答えた人の割合は男性が39.6%、女性が25.6%と、男女間で10%以上の差が出ました。やはり男性のほうが営業など、ノルマのある仕事に就く場合が多いようです。また、世代別、特に20代を見てみると、「ある」と答えた人の割合が39.2%と、4割近い数字となり、ほかの世代と比べても高い割合であることがわかりました。

(TOKYO FM「Skyrocket Company」2017年5月1日放送より)

最終更新:5/2(火) 12:47
TOKYO FM+