ここから本文です

合同企業説明会 Uターン就職へ 移動費の補助も/富山

5/2(火) 21:10配信

チューリップテレビ

 来年春に県内での就職を希望する学生を対象にした合同企業説明会が、富山市で開かれました。

 県は、今年から、県外に住む学生で県内で就職活動をする人に交通費の補助を出しています。

 効果は、あるのでしょうか。

 「去年に続き売り手市場となっている今年の就職活動。良い人材を確保しようと多くの企業が参加していますが、空席も目立ちます」(谷口記者)

 合同企業説明会には、県内に事業所のある製造業や建設業など、150社が参加しました。

 今年3月時点の県内の有効求人倍率は1・75倍とバブル期に並ぶ高い水準で、学生たちにとって有利な『売り手市場』となっています。

 また、去年に続いて就職活動の期間が短く早々に内々定をもらう学生も多いため、企業側は人材確保に必死です。

 そんな中、新たな取り組みがー。

 「富山へのUIJターンを促そうと、県は今年度から新しい制度を始めました。この参加証明書を書類に添付すれば、交通費の補助を受けることができます」(谷口記者)

 県外に進学した学生が、県などが主催する合同企業説明会に複数回参加する場合、県は、往復にかかった交通費を補助します。

 金額は、1人につき年度で最大1万円。

 学生たちは早速、説明を受けていました。

 県内の昨年度のUターン就職率は58・1パーセントで、調査を始めた10年前に比べて7ポイントほど上昇しています。

 県は、首都圏で進めてきた就職セミナーなどの成果が表れたとみています。

 人手不足が叫ばれる中、県の新たな制度が富山の企業の人材確保につながるのか、効果が期待されます。

チューリップテレビ