ここから本文です

【スーパーGT】初戦リタイア喫したスバル・BRZ。辰己総監督「”勝利”を狙っていく」とリベンジ誓う/第2戦富士

5/2(火) 18:38配信

motorsport.com 日本版

 スーパーGT開幕戦岡山のGT300クラス決勝で、好位置を走りながらマシントラブルに泣いた#61 SUBARU BRZ R&D SPORT。辰己英治総監督に、トラブルの原因と第2戦富士に向けた意気込みを聞いた。

【写真】開幕戦岡山で好走を見せていたものの、リタイアに終わった#61 SUBARU BRZ R&D SPORT

 #61 SUBARU BRZ R&D SPORTは、予選6番グリッドから岡山の決勝をスタート。山内英輝が駆るマシンは序盤から好調で、前のマシンを追い回しながら一時4番手まで浮上した。

 井口卓人がステアリングを引き継いだが、トラブルが発生。37周目にコース脇にマシンを止めてしまい、リタイアとなった。

 辰己監督は、トラブルの原因はオルタネーター(発電機)にあったと語った。

「発電機がオーバーヒートしてしまい、その結果発電が止まりました。後でデータを見ると、山内が走っている時、20周前後で発電がほぼストップしていました。(ピットインして)井口が出るときにスターターを回したんだけど、なんか遅かったんです。まあなんとか(エンジンが)かかって出て行ったんだけど、5周目で止まってしまいました。その時には(発電なしで)バッテリーで走っていました」

 第2戦富士は500kmの長丁場。天気予報も晴れマークが並んでおり、気温の上昇が予想されるが、今回に向けて対策は万全だという。

「懸念していた部分ではあったんだけど、今までのテストではそんなに暑いこともないし、連続で走ることもなかったので問題が出なかっただけでした。もう問題が起きないように構造的に作り変えたし、オートポリスでのテストでも問題なかったので、大丈夫です」

 第2戦の舞台、富士スピードウェイはロングストレートを備えるため、パワフルなFIA-GT3車両の台頭が予想される。ただ、JAF-GT車両の#61 SUBARU BRZ R&D SPORTを走らせるチームは、決して苦手意識を持っているわけではないという。

「ストレートで勝負しようとしても、ウチは絶対勝てない。ここ(富士)は高速サーキットと言われるけれど、問題はメインストレートだけです。そこで負けても、残りの部分で挽回すれば勝機はあるかな」

「コースの半分くらいは第3セクターなので、そこをどう速く走るかという戦略を今、考えています。去年の8月(第5戦)の富士でもそういう戦いをして3位だったんだけど、チームもドライバーも”勝てなくないな、富士苦手じゃないんだ”という意識をやっと去年持てた。個人的には苦手だとは思ってないんですよ、最初から。第2セクターと第3セクターは得意なところなので、それを活かすことができれば十分勝機はあります」

 開幕戦はノーポイントに終わった#61 SUBARU BRZ R&D SPORT。シーズン前にはタイトル獲得”だけ”を狙うと宣言していただけに、今回そのリベンジをするという気持ちは強いようだ。

「まあ、なんといってもストレートは長いので、富士は3位以内でもしょうがないかなって思っていたんですが、初戦ノーポイントに終わったので、勝ちにいきたいです」と、辰己監督は意気込みを語った。

松本和己