ここから本文です

不調トミック 2年連続2回戦へ、ラッキールーザーに逆転勝利<男子テニス>

5/2(火) 16:45配信

tennis365.net

TEB BNPパリバ・イスタンブール・オープン

男子テニスのTEB BNPパリバ・イスタンブール・オープン(トルコ/イスタンブール、レッドクレー、ATP250)は1日、シングルス1回戦が行われ、第6シードのB・トミック(オーストラリア)がラッキールーザーで出場のM・サファト(エジプト)に5-7, 7-5, 6-3の逆転で勝利し、2年連続の2回戦進出を果たした。

【杉田vsデルポ 1ポイント速報】

この試合、第1セットを落としたトミックだったが、第2セット以降はサファトに1度もブレークを許さず、1時間57分で勝利した。

2回戦では世界ランク69位のR・デュトラ・シルバ(ブラジル)と対戦する。デュトラ・シルバは、同日の1回戦でR・ベロッチを3-6, 7-6 (7-1), 6-0の逆転で下しての勝ち上がり。

22歳のトミックは、現在世界ランク40位。今シーズンは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で3回戦進出を果たしたが、6大会で初戦敗退を喫するなど不調が続いていた。前週のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)では5大会ぶりに初戦突破を果たしたが、A・マレー(英国)との2回戦を背中の痛みを理由に棄権した。

今大会、第1シードはM・ラオニッチ(カナダ)、第2シードはM・チリッチ(クロアチア)、第3シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第4シードはP・ロレンジ(イタリア)、第5シードはV・トロイキ(セルビア)、第6シードはトミック、第7シードはB・チョリッチ(クロアチア)、第8シードはS・ダルシス(ベルギー)。

昨年のTEB BNPパリバ・イスタンブール・オープンは、シュワルツマンがG・ディミトロフ(ブルガリア)を逆転で破り、タイトルを獲得した。

tennis365.net

最終更新:5/2(火) 16:45
tennis365.net