ここから本文です

ジョン・テリーが恩師モウ監督と再タッグ? 元イングランド代表DFが大提言

5/2(火) 15:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今季限りでチェルシー退団

1995年にチェルシーの下部組織に入団して以来、同クラブの重鎮として君臨してきたジョン・テリー。先月18日に今季限りでの同クラブ退団を表明した同選手だが、新たな移籍先候補が英国メディアで浮上した。

かつてイングランド代表のサイドバックとして活躍したダニー・ミルズ氏は、同選手の移籍先候補について言及。長きにわたり同選手を指導したジョゼ・モウリーニョ監督(元チェルシー指揮官)が率いるマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を提言したことが、英『THE Sun』で報じられている。なお、同紙ではミルズ氏が英『BBC Radio 5 Live』で語った同選手に対するコメントが紹介された。

「彼がトレーニング場にいるだけでも、今のユナイテッドの選手に与える影響は大きいと思う。テリーがユナイテッドのユニフォームに袖を通すなんて考えられないと思うのが普通だけど、もし私がモウリーニョ監督の立場であれば、今すぐ彼の獲得に乗り出すだろうね」

マイケル・キャリック、ダビド・デ・ヘア、ウェイン・ルーニーといった古参選手の去就が不透明であるほか、ズラタン・イブラヒモビッチが負傷による長期離脱を強いられるなど、チームの精神的支柱となり得る選手がこぞってチームを離れる可能性があるマンチェスター・ユナイテッド。テリーの獲得が実現するか否かはさておき、来季以降にむけてチームを鼓舞できる人材を確保することは重要になるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報