ここから本文です

超人気株ヴェッラッティの代理人「PSGと彼の将来について話し合うだろう」

5/2(火) 19:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「話し合う必要はある」

フランスのパリ・サンジェルマンでプレイするイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの代理人が、移籍の噂について言及している。

バイエルン・ミュンヘンにレアル・マドリード、バルセロナ、チェルシー、そしてアーセナル。24歳の天才チャンスメイカーに魅了されるクラブを挙げれば枚挙に暇が無いものの、彼のエージェントであるドナト・ディ・カンプリ氏は今のPSGが直面する苦境を考慮し、詳細な明言は避けている。順当とされたはずのリーグアン制覇がニース戦の敗北によって大きく遠のくと、同氏は次のような配慮を示した。『Premium Sport』が伝えている。

「(ヴェッラッティの去就に関する)詳しいことは何も話したくない。多くの間違った情報が飛び交っているし、今はクラブにとって決して幸せな時期ではないんだ」

だが、“何も語らない”ということはなかった。

「我々はヴェッラッティの将来についてクラブと話し合いの場を設けることを要請するだろう。もちろん彼を放出したくないというクラブ側の意思は尊重するよ。でも、今の状況については話し合う必要があるだろう」

また、ヴェッラッティはニース戦後、今季の戦いぶりについて「もしもリーグアンのタイトルを逃したとしたら、シーズンの初めに想像していたよりも遥かに期待外れな結果となるだろう」とコメント。チームの戦績には失望させられているようだ。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報