ここから本文です

ベッテルのプレッシャーを凌ぎ切り、ドライバーズ・レースを制したボッタスの精神力【今宮純の視点】

オートスポーツweb 5/2(火) 7:00配信

 2017年F1第4戦ロシアGPは、メルセデスのバルテリ・ボッタスがセバスチャン・ベッテルとの一騎打ちを制してF1初優勝を飾った。ニッポンのF1のご意見番、今宮純氏がロシアGPを振り返り、その深層に迫る──。  

----------------

 フィンランド国歌演奏のあいだ、バルテリ・ボッタスは表情を崩さないように表彰台でじっと我慢をしていた。涙がこぼれないように耐えている。やがて喜びが顔に満ちてきて、素晴らしい笑顔を彼は見せた。

 セバスチャン・ベッテルとマッチレース0.617秒差、今シーズン序盤に新しい107人目GPウイナーが生まれた。

 ほぼ1年前にスペインGPで106人目マックス・フェルスタッペン、彼もキミ・ライコネンとマッチレース0.616秒差。

 二人ともフェラーリを駆るチャンピオンを抑える、クロス・フィニッシュ。“ドキドキ感”がつたわるドライバーズ・レースだった。

 人工的なDRSによるオーバーテイクはなかった。戦略的なアンダーカットなどもない。スタートからゴールまでひたすらコース上でせめぎあうドライバーズ・レース、初対決ボッタスとベッテルは1時間28分08秒743、ずっとつらぬいた。

 スタートダッシュしたボッタスは、1コーナーまでにベッテルの背後にすっぽり入り込み、十分なスリップストリーム効果を得た。そして左に出て増速。1コーナーの先で並び抜くとやや右に向け、2コーナーを理想的なラインで奪った。勝負は2コーナーではなく、その前のおよそ500m、PPベッテルにブロックするタイミングも隙も与えなかった。



 リードする彼のブレーキングは精確だ。そのポイントがずれるとターンインでアンダーステア気味になり、切り込むとはじけるようにリヤが滑る。今週ソチでルイス・ハミルトンはたびたびそうなり、後輪タイヤをうまく機能させられずにいた。すべてのセッションでボッタスが優り、彼が劣ったのはそこだろう。

 予選3位の彼はセクター・ベストがなく、1はハミルトン、2はベッテル、3はライコネン。すべてのセクターとも2位タイムで、直線主体の1も中速コーナーの2も直角コーナーの3も全域でベター・セットアップを組み上げた。メルセデス4戦目、W08マシン理解度をさらに深めたボッタスの進化が感じとれる。

 バーレーンGP後のテスト二日目、彼は猛暑の日中に143周(2.5レース分)を走りこんでいる。初日ハミルトンは97周だ。誰よりも長く、もりだくさんのプログラムをこなし、マシンを理解することに励んだ。このテストが初勝利に直結したとは言わないが、彼自身にはとても意義があったと思う。

 今年のベッテルはくらいついて離れない。中盤にさしかかった38周目、13コーナーへの“ひねりこみブレーキング”でボッタスが左前輪と右前輪をロックアップ。

 1分39秒193、2位ベッテルよりも1秒劣るラップで4秒以上あったギャップが3秒065に詰まる。ここぞとばかりにチャージするベッテル、39周目2秒254、40周目1秒853、41周目1秒513……。

 追われるボッタスはロックアップした後、しばらくプッシュせずタイヤをかばうような走りに見えた。焦る気持ちを自制してから、44周目にギャップを1秒901に広げた。この間を耐えた精神力はウイナーに値する。


 終盤、最後のピンチは周回遅れが現れたとき。自分が手間取りロスしても、相手だってロスする。1秒以内にベッテルがラストスパートをかけてくると、そこにウイリアムズのマッサがいた。昨年までのチームメイトが背後に迫り、ベッテルが来ていることも、ピット側は無線で伝えた(はずだ)。

 そこでベテランのマッサが何を思ったかは分からない。2コーナーでボッタスを行かせ、ベッテルはその先で行かせた。これもドライバーズ・レースのエンディングの一コマ、0.760秒差が0.617秒差に変わり、ボッタスのためにチェッカーが振られた。

 ケケ・ロズベルグ49戦目、ミカ・ハッキネン96戦目、ライコネン36戦目、ヘイキ・コバライネン28戦目。“フライング・フィン”5人目ボッタスは81戦目、先輩ミカより早かった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/16(火) 8:22

オートスポーツweb