ここから本文です

全日本ラリー:2戦連続クラス2位のヴィッツCVT。難ステージ完走に「信頼性に自信」

5/2(火) 14:28配信

オートスポーツweb

 4月29~30日、2017年JRC全日本ラリー選手権第3戦久万高原ラリーが行われ、スポーツ制御CVT(無段変速機)を搭載するTGR Vitz CVTで参戦するTOYOTA GAZOO Racing(TGR)の大倉聡/豊田耕司組が、2度のクラスベストタイムを記録する走りでJN3クラス2位を獲得した。

【画像】CVTで全日本ラリーに挑む『TGR Vitz CVT』

 モータースポーツにおけるCVTの可能性を追求するため、JRC第2戦ツール・ド・九州 in 唐津にヴィッツCVTを投入したTGR。

 デビュー戦となった唐津では、クラス2位の好成績を残した一方でドライバーの意図しないタイミングで変速してしまうことなどの課題も抱えていた。

 第3戦久万高原は1000m級の高地に加えて、20km以上にも及ぶ長距離ステージも組み込まれる厳しいイベント。チームは、この難条件に対応するため、前戦のデータをもとにマシンやCVT制御にさらなる改良を施してきた。

 迎えた第3戦、大倉はデイ1のSS3でクラストップタイムをマークするなど今回のラリーでも速さをみせる。途中、マシンに細かなトラブルが発生したものの、チームの迅速な対応によって、クラス2番手につけた。

 翌日に行われたデイ2のSS6でもクラスベストタイムを記録した大倉は、2日目も安定したペースで計4本のSSを走りきり、クラス首位と1分14秒8差のクラス2位を獲得した。

 2戦連続で表彰台を獲得した大倉は「この厳しいラリーを走り切ることができて、ホッとしています」と戦いを振り返った。

「長距離をトラブルなく走行できたことで、開発陣も信頼性には自信を持てたと思います」

「ただ、ドライバーとしては、特にロングステージで『もっと速く走ることができたのでは……』という思いもあります。マシンだけでなく、ドライバー側の課題も見えてきましたね」

 また、豊岡悟志チーム監督は「あらためてCVT車両の競争力が高いということを証明できたと思います。しかし、課題もいくつか見つかりましたので、データやドライバーからのフィードバックをしっかり分析し、今後に向けた対策を練りたいと思います」と語っている。

 JRC第4戦若狭ラリーは5月20~21日、福井県で開催。ヴィッツCVTも出場予定だ。

[オートスポーツweb ]