ここから本文です

オリンピアン22人出演 28日「水泳の日」、金沢プール

5/2(火) 1:41配信

北國新聞社

 28日に金沢市の金沢プールで開かれる日本水泳連盟、金沢市など主催の水泳イベント「水泳の日2017・金沢」(北國新聞社後援)に、日本代表の歴代・現役のオリンピアン22人が出演する見通しとなった。公開演技のほか、一般参加者とともにリレー競技やレッスンに参加し、一流のテクニックを披露する。

 競泳種目からリオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した小堀勇気選手=能美市出身=や、ロンドン五輪銅メダリストの寺川綾さん、アトランタ、シドニー、アテネと3大会の五輪連続出場した田中雅美さんらが参加する。

 飛び込み種目は北京、ロンドン五輪代表の中川真依さん=小松市=ら、シンクロ種目からはリオデジャネイロ五輪銅メダリストの三井梨紗子さんらがエントリーしている。

 このほか競泳、シンクロ、飛び込みの有名選手、日本最大級の水球チーム「ブルボンウォーターポロクラブ柏崎」の選手らも登場し、イベントを盛り上げる。

 水泳の日は、日本水連の社会貢献活動として、3年前から年1回開催されている。過去2回は東京辰巳国際水泳場が会場となり、地方開催は初めてとなる。

 当日は午前9時半に開幕し、午前中はメイン、多目的、サブ、飛び込みの各プールでオリンピアンらの公開演技が行われ、午後はリレーやレッスン、ゲームなどの催しが企画されている。

 催しへの参加は既に締め切られているが、公開演技の見学は予約不要で、無料となる。出演予定の他のオリンピアンは次の各氏。

 萩原智子、中村真衣、森田智己、内田翔、伊藤華英、佐藤久佳、渡邉一樹、中西悠子、伊藤俊介、近内圭太郎、宮下純一、酒井麻里子、小林千紗、寺内健、坂井丞、浅田雅子、貴田裕美

北國新聞社

最終更新:5/2(火) 1:41
北國新聞社