ここから本文です

【コラム】レアルは主力でなく控えが最強? ファンの74%はBチームがAチームに勝つと予想

5/2(火) 18:25配信

SOCCER KING

 ここ最近、ジネディーヌ・ジダン監督が主力で固めたスタメンと控えで固めたスタメンを使い分けていることから、AチームとBチームという名称がメディアを中心に頻繁に流れているレアル・マドリード。しかし、AチームよりもBチームの方がファンの評価がはるかに高いという逆転現象が起きている。

 その流れを完全に作ったのは、先月23日および26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節のバルセロナ戦ならびに第34節のデポルティーボ戦に他ならない。レアル・マドリードは、バルセロナとの伝統の一戦“エル・クラシコ”では、現時点でのベストメンバーを揃えたAチームで臨みながらもホームで2-3と惜敗した。一方、デポルティーボ戦では、ブラジル代表DFマルセロ以外は準レギュラーを揃えたBチームで臨みながらもアウェーで6-2と圧勝した。

 レアル・マドリードのAチームは、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWカリム・ベンゼマ、MFギャレス・ベイル、MFトニ・クロース、MFルカ・モドリッチ、MFカゼミーロ、DFマルセロ、DFセルヒオ・ラモス、DFペペ、DFカルバハル、GKケイロル・ナバスというメンバーとなる。

 対するBチームは、FWアルバロ・モラタ、FWルーカス・バスケス、MFマルコ・アセンシオ、MF イスコ、MFハメス・ロドリゲス、MFマテオ・コヴァチッチ、DFファビオ・コエントラン、DFラファエル・ヴァラン、DFナチョ、DFダニーロ、GKキコ・カシージャという顔触れとなる。

 そして、レアル・マドリード寄りのスペイン紙『MARCA』がこの度、「試合をしたらどちらのチームが勝つか?」とのアンケートを行ったところ、約3万の票が集まる中、Bチームの勝利を予想した人が74パーセントにも及んだ一方、Aチームの勝利を予想した人はわずか26パーセントに止まった。

 主力選手にとっては恥ずかしくもあり、控え選手にとっては誇らしくもある、このような結果が出た最大の原因には、攻撃陣のパフォーマンスの差が挙げられる。とりわけセンターフォワードは、殆どが先発出場ながらリーグ戦26試合9得点と、1ゴールを挙げるのに191分を必要とするFWカリム・ベンゼマよりも、大半が途中出場ながらリーグ戦23試合13得点と、1ゴールを挙げるのに89分しか掛からないFWアルバロ・モラタを推す声が多い。また、得点力の低下が囁かれているFWクリスティアーノ・ロナウドや故障を繰り返してばかりのMFギャレス・ベイルよりも、優れたテクニックで違いを生み出すMFイスコやMFアセンシオの方が、若手スペイン人選手の登用を望むサポーターからの支持が多いのは理解に難くない。

 そのレアル・マドリードだが、アトレティコ・マドリードとのダービーとなったチャンピオンズリーグ準決勝にはAチームで臨むことが予想されている。従って、2日に本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われるファースト・レグでどのような試合をするかが、今ホットな話題となっているAチームかBチームかの論争に大きな影響を与えること間違いないだろう。

文=北村敦

SOCCER KING

最終更新:5/2(火) 23:50
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合