ここから本文です

レスター守護神を巡って“マンチェスター・ダービー”勃発!父古巣のマンUがリードか

5/2(火) 13:19配信

ゲキサカ

 レスター・シティのGKカスパー・シュマイケル(30)を巡って、“マンチェスター・ダービー”が勃発していると報じられているが、マンチェスター・ユナイテッドがマンチェスター・シティ}との獲得レースをリードしているようだ。英『メトロ』が報じている。

 ユナイテッドは、GKダビド・デ・ヘアのレアル・マドリー移籍が噂されており、新守護神を探している。一方、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、GKクラウディオ・ブラーボとGKウィリー・カバジェロのまま新シーズンを迎えるつもりはなく、シュマイケル獲得にレンタル中のGKジョー・ハートを差し出す可能性もあるという。

 また、シュマイケルは代理人をユナイテッドと強力なコネクションがあると言われているイタリア人のルカ・バスチェリーニ氏に変更。そのため、ユナイテッドが獲得レースで有利に立っているとみられており、デ・ヘア流出の場合にシュマイケル獲得に動くと考えられている。

 昨季の“奇跡の優勝”に大きく貢献したシュマイケル。ユナイテッドのレジェンドである父ピーター・シュマイケル氏の後を追って、オールド・トラッフォードでプレーすることになるのだろうか。

最終更新:5/2(火) 13:19
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合