ここから本文です

<2017年春アニメ短評>アニメ記者が独断と偏見で語る(1)

5/3(水) 14:00配信

まんたんウェブ

 今年の春アニメが出そろってから1カ月以上がたった。「MANTANWEB」のアニメ担当記者が、「アイドルタイムプリパラ」「月がきれい」「僕のヒーローアカデミア」「正解するカド」を独断と偏見で語る。

【写真特集】甘酸っぱい「月がきれい」 映像がすごい「正解するカド」など春アニメずらり

 ◇アイドルタイムプリパラ

 約3年続いた「プリパラ」の新シリーズは、新キャラクターの小学6年生・夢川ゆいと「プリパラ」の主人公だった真中らぁらのダブル主人公に! 「プリパラ」は個性的すぎるキャラばかりだったので、ゆいはどんな娘なんだ!?とワクワクドキドキしていた。ふたを開けてみると、炊飯器を常に持ち歩いているなどぶっ飛んだ設定で、地獄ミミ子など強烈なキャラクターも出てくるし、新シリーズもやっぱり「プリパラ」だな……と一安心。武者修行に行った東堂シオンなど人気キャラの再登場にも期待したい。個人的には大好きな黄木あじみ先生もまた見たい!!(鉄)

 ◇月がきれい

 中学生男女の淡い恋心を描いた作品で、見ているとなんだか心が洗われるよう。主人公とヒロインのお互いを意識するそぶりや感情の動きに思春期特有のムズムズ感が爆発していて、思わず過去を振り返って「ああ……」と嘆息してしまう。水彩画のような淡い色遣いの作画も内容と合っていて好感度高し。主人公が小説家志望で、タイトルが「月がきれい」、各話タイトルが「春と修羅」「一握の砂」「月に吠える」……と、とことん文学押しで魅せる姿勢も一貫していてすがすがしい。主人公と同年代の中高生よりも、むしろかつての日々を思い出しながら(じゃなくてもいいけど)楽しむ筆者のようなおっさん向きの作品かも……。(鰭)

 ◇僕のヒーローアカデミア

 視聴率絶好調の日本テレビが、今年2月に開いた改編説明会で、期待のドラマと同格扱いで、このアニメを取り上げたことからも期待の大きさがうかがえる。「週刊少年ジャンプ」の正統派ヒーローを地でいくだけに、一度見てしまえば、次の展開が気になるデク……じゃなくてデキなのは確か。ストーリー積み上げ型の作品だけに、途中からの“新規参入”は大変だが、原作マンガを読んでいても見る価値はあると思われる。あと、お茶子さんが可愛い。プルスウルトラ!(成)

 ◇正解するカド

 東映アニメーションがテレビシリーズの3DCGアニメを手がけるのは初めてで、小説家の野崎まどさんが脚本を担当するということもあって、放送前から期待していた作品。野崎さんの脚本なので、どんでん返しがきっとあるのでは?と先が読めない展開にワクワクしながら楽しんでいる。3DCGのテレビアニメは増えつつあるが、「正解するカド」は、謎の物体・カドの異様な存在感など“ならでは”の表現も多く、3DCGとマッチ。同じく春アニメでサンジゲン制作の「ID-0」も含めて、3DCGもついにここまできたか!という印象だ。(鉄)

最終更新:5/3(水) 18:51
まんたんウェブ