ここから本文です

【傍若無人】『ファイアーエムブレム エコーズ』 「探索」で傍若無人も”共鳴”する!(58回)

5/3(水) 18:00配信

インサイド

『ファイアーエムブレム外伝(以下『FE外伝』)を現代風にリメイクした『ファイアーエムブレム エコーズ(以下『FEエコーズ』)』。
原作となる『FE外伝』は三すくみがなかったり、武器の使用回数制限がなかったりと、初代『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』とは異なるシステムが特徴。エコーズもそのイレギュラーなシステムを採用していおり、正しく現代風にアップデートされています。

【関連画像】

UIもこれまでの3DS向けFEから刷新され、古き良き雰囲気を残しつつも最先端になっています。キャラクターのイラストが大きく使われた下画面は大胆ながらも落ち着いた雰囲気で筆者はかなり気に入っています。

そしてリメイクならではの「探索」が面白い! マップ上に点在する村や砦などの施設で探察しつつ食べ物や武器をゲットする主人公。「のみかけエール」や「かじったパン」といった微妙なものまで拾っているけど大丈夫なの…?

ダンジョンは3Dフィールドになっており、敵とぶつかるといつもの戦闘マップへ。戦闘を有利に運ぶため敵に見つからないようにコソコソしつつ、背後から攻撃を食らわせ不意をつきます。そして探索を続けて溜まった「疲労度」を下げるためミラの像に食いかけのブツを捧げて恩恵を得る主人公たち。
う~ん、傍若無人っぷりも”共鳴”してる!

ホンネ君「こそこそ探索して逃げるスキルばかり上げてどうする」 はい、その通り…。

3DS『ファイアーエムブレム エコーズ』 は好評発売中。価格は4,980円(税別)です。

■著者紹介
みかめ ゆきよみ
ゲーム好き、日本史好きの漫画家兼フリーライター。ゲームはジャンル問わず下手の横好きでなんにでも手を出す。歴史マンガ、コラム、イラストなど雑多に活動中。代表作『ふぅ~ん、真田丸』(実業之日本社)
『北条太平記』(桜雲社)


(C)2017 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS

最終更新:5/5(金) 0:55
インサイド