ここから本文です

レッドアンシェル福永騎手「まずは自分との闘い」/NHKマイルC共同会見

5/3(水) 19:24配信

netkeiba.com

■レッドアンシェルに騎乗予定の福永祐一騎手

――デビューから2戦、騎乗した印象は?
福永 緒戦のレース前から多少気の悪さを見せるところがありました。でもレースセンスがいい馬でどんな競馬もできますし、基本的にはどのポジションでもいい脚を使うというイメージがあります。

――2戦目までの段階でどのくらいの可能性を感じましたか?
福永 気性面の難しさは毎回ついてまわるんですけど、僕が乗せてもらった二戦については厩舎がうまく気性面をコントロールしてくれて高いパフォーマンスをみせてくれたのでGIでもじゅうぶんいいパフォーマンスを見せられるかな、という感触は持ちました。

――東京1600というのは?
福永 距離や左回りはあまり心配していないんですが。やはり、気性面だけですね。気性面に課題というか、いちばん難しいのはそこだと思います。

――マイルくらいがちょうどいいのでしょうか?
福永 だと思いますね。乗り難しい馬ではないのですが、乗っている感じではマイルくらいがいいんじゃないかと現時点では思います。

――どんなレースをしたいですか?
福永 全然考えてないです。枠が出てからですね。乗せてもらっている二戦はスタートはそれほど悪くなかったんですけど、その他の二戦ではあまりいいスタートを切っていなかったので。この二走で気性面がどうなっているのか、まだわからないですけど。若い馬なので決めつけるのはどうかと思いますし、当日の雰囲気をみて考えたいと思います。

――相手関係は?
福永 あまり気にしていないです。まずは自分との闘いだと思うので。そこさえクリアできれば、力は発揮できると思います。そうなれば十分勝ち負けできる馬だと思います。

――最後にファンの皆さんへメッセージを
福永 先週、追い切りに乗った時点では落ち着いていい動きをしていました。あとは初めての長距離輸送もありますから、気性面のコントロールがうまく効いているかどうかが鍵だと思います。そこさえクリアしてくれれば、いい結果を出してくれると思います。ここ二戦は(福永騎手が騎乗できずに)迷惑をかけてしまったので意気込みというのはより強いものもありますし、馬もとてもいい状態でこれています。一生懸命頑張りたいと思います。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:5/3(水) 19:24
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ