ここから本文です

ジャスティン・ビーバーと並べないでほしい――スコット&リバースが2ndアルバム発売/インタビュー1

エキサイトミュージック 5/3(水) 18:15配信

 
■スコット&リバース/2nd Album『ニマイメ』インタビュー(1/3)

日本を愛する二人が日本語で行なったインタビューをお届け!

【この記事の関連画像をもっと見る】

weezerのフロントマン、リバース・クオモとALLiSTER/MONOEYES等で活躍するスコット・マーフィーによるJ-POPプロジェクト、スコット&リバース。日本の音楽に精通し、日本をこよなく愛する二人の全曲日本語詞による1stアルバム『スコットとリバース』は発売当時、大きな話題となった。その“スコリバ”が4年の月日をかけて制作した2ndアルバム『ニマイメ』をリリースした。キヨサク(MONGOL800)、PES(RIP SLYME)、miwaをゲストに迎えた本作で、二人が新たにチャレンジしたこととは……? 「『ニマイメ』は(洋楽ではなく)邦楽コーナーに置いてほしい」と語る二人の最新インタビューをお届けしよう。
(取材・文/金澤隆志、リード/編集部)

二人で共有しているDropboxには「お気に入りJ-POP」というフォルダがある

――2ndアルバム『ニマイメ』を作るにあたって、テーマやコンセプトなどはありましたか?

リバース:1枚目の時は、日本語で歌うことだけで大きなチャレンジだったので、今回はそれに加えて、複数のアーティストとのコラボレーション、様々な音楽スタイル、そしてよりモダンな響きを持った新しいサウンドプロダクションといったことにチャレンジしたいと思いました。

――アルバムとしては前作から4年ぶりとなりますね。

スコット:これだけかかったのに特に理由はないけど、少しずつスローなペースで作り上げていきました。前のアルバムもできるまでに4年かかったからね。

リバース:スコットは遅いよね、歌詞を訳すのが。

スコット:え、俺のせい?(笑) 頑張ります!

――リバースさんはロスアンゼルス、スコットさんは3年前から東京在住ということですが、曲はどのような方法で出来上がっていくのですか?

リバース:Dropbox(データのオンライン共有サービス)ですね。「スコリバ」フォルダにお互いの曲のアイデアを入れていくんです。

スコット:ファイルがたくさんあって、すごいことになってる。重いです。

リバース:たくさんサブフォルダがあるんです。「バックトラック」「歌詞」「お気に入りJ-POP」とか。

――「お気に入りJ-POP」というのは?
リバース:スコットとマネージャーがJ-POPのオススメの曲を入れておいてくれるんです。必ずしも最新のトレンドというわけじゃなくて、「J-POPの名曲」「昨年リリースされたクールな10曲」とか。このフォルダで知った曲から影響を受けてウィーザーの曲になったものもあります。チャットモンチーの「シャングリラ」のコード進行に影響を受けた曲は、『ウィーザー(ホワイト・アルバム)』(weezer)に収録しました。

スコット:この前リハーサルでチャットモンチーに会ったからそのことを伝えたら、曲聞いたけど全然気付かなかった、って。

リバース:あと、KOKIAの「ありがとう」という曲のコード進行も影響を受けました。10年ぐらい前だけど。結局リリースしなかったけどね。

――複数の日本人アーティストとのコラボレーションも本作の目玉ですね。

スコット:いろんなタイプのアーティストとやりたいなと思って、誰がおもしろいだろうといろいろ話して決めました。それで、一人は女性、そしてロック系、ヒップホップ系といった具合に振り分けて。

リバース:本当の“邦楽アーティスト”がいいな、って。

スコット:そうすればいろんな味を出せるんじゃないかなと思って。

――「Doo Wop」でMONGOL800のキヨサクさんを起用した理由とは?

スコット:彼はすごく独特な声を持っているし、歌い方も独特だからね。他の人は一緒にスタジオに入って作業をしたんだけど、キヨサクさんだけは沖縄にある彼のスタジオで録ったものを送ってもらったんだ。

リバース:沖縄に行った時、キヨサクさんには会った?

スコット:会ったよ。MONOEYESは前回のアルバムを彼のスタジオでレコーディングしたから。

リバース:僕もMONGOL800好き。スコリバが新譜を出すとき、いつもiTunesチャートで、MONGOL800が僕たちの上にいて。「いったい誰これ?」って(笑)。

スコット:ずっと1位だったもんね。

リバース:キヨサクさんには会ったことないんです。会ってみたいですね。オリエンタルな声だから。

――「FUN IN THE SUN」では、RIP SLYMEのPESさんをフィーチャリングしています。

スコット:真ん中のCメロのところにちょっとヒップホップの要素を入れたらおもしろいんじゃないかと思って、その4小節だけ書いてくださいってお願いして。超カッコよかった。アルバムではPESさんがラップしてくれているけど、ライブでは僕が頑張ってます(笑)。

リバース:自然だよね。

最終更新:5/4(木) 17:45

エキサイトミュージック