ここから本文です

<今夏のファッショントレンド>シンプルを基本にビビッドカラーや太ベルトで変化を 変形ブラウスも手軽

5/5(金) 11:00配信

毎日キレイ

 季節の変わり目は、次のトレンドが気になるところ。今回は人気女性ファッション誌「SPRiNG(スプリング)」(宝島社)の平澤梢(こずえ)編集長と、日本最大級のファッションコーディネートアプリ「WEAR(ウェア)」を運営するスタートトゥデイのマーケティング本部マーケティング部ディレクターの中川龍さん、同部WEARブロックに所属する藤本真美さんに、今年の初夏から夏にかけてのトレンドや、コーデのポイント、WEARでの人気コーデなどを聞いた。

【写真特集】桐谷美玲 Tシャツ×ロンスカにサッシュベルトでカジュアル最旬コーデ!

 WEARは、モデルや俳優、ショップスタッフなどのコーディネートが見られるほか、一般のユーザーも自身のコーデを投稿できるアプリ。アイテムやキーワードで、投稿されたコーディネートを検索することもできる。

 ◇トレンドカラーはビビッドな暖色 ベルトはマストの予感

 平澤編集長らによると、ここ数年、トレンドになっているのがシンプルコーデ。ベーシックなアイテムをベースにしたファッション「ノームコア」が注目されてから、シンプルコーデの流行が続いている。しかし最近、そんな流れに変化が見え始めており、平澤編集長は「今夏はシンプルなコーデに変化を加えるのがトレンドになりそう」と話す。

 ファッション感度の高い人々が集まる「WEAR」の傾向を藤本さんは「最近はシンプルコーデの中に、ビビッドな色を取り入れるコーデの投稿が増えています。黄色とか、オレンジとか、ピンクとか、鮮やかな色をワンポイントで入れるスタイルです。シンプルなトップスに、シンプルなデザインの黄色いロングスカートを合わせる……など、アイテム自体はシンプルでも、カラーが鮮やかなものを入れる方が『WEAR』では増えていますね」と解説する。

 平澤編集長も「今年の夏はピンクや黄色、赤といった暖色系、それもビビッドな色のアイテムが増えています」といい、シンプルコーデ×カラーアイテムは、今年の夏の一つの流行になりそうだ。

1/3ページ

最終更新:5/5(金) 11:00
毎日キレイ