ここから本文です

「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論

ねとらぼ 5/3(水) 13:56配信

 パチンコ・パチスロ動画を無料配信する「ジャンバリ.TV」が4月から公開しているSMAPパロディー風の新CMに賛否両論が巻き起こっています。

【画像:メンバー紹介もSMAP風に】

 CMは国民的アイドルグループを目指すアイドルグループ「SANK」のメンバーが衝突したり、神妙な面持ちで謝罪会見を行うという内容で、今後も2つのエピソードとスペシャル動画の公開が予定されています。

 SANKは、「正義感が強く、グループの顔的存在」の村田さん、「リーダー、まとめ役。明るく社交的」な中田さん、「クール。全くしゃべらず、いつもかっこうつけている」稲沢さん、「いい人、天然、純朴で弱気。みんなから慕われている」渚さん、「やんちゃ、大食い、弟的存在」の神取さんからなる5人グループ。

 4月9日に公開されたエピソード1「主張」篇は、リーダーの中田さんと人気メンバー村田さんが、「もっとジャンバれよ!」「ジャンバってるよ!」と胸ぐらをつかみ合いながら言い合う様子が描かれており、渚さんが「ジャンバるってなんだよ」と二人の衝突を振り返る内容でした。

 そして4月30日に公開されたエピソード2「決意」篇では、黒いカーテンをバックにスーツ姿のメンバーが登場。某番組の会見という設定で、村田さんが「僕たち5人はこれから一生懸命ジャンばっていきます」と口火を切ると、渚さんが「とにかくみんなでジャンばれば、ジャンばれると思ってます」と決意を表明。最後は稲沢さんが頭を下げるという内容でした。

 CMのコンセプトについては、2016年12月31日に惜しまれつつも解散したSMAPをモチーフにしているとみられており、ネット上では「なんだこれw」「いいぞもっとやれ!」「だからコイツら誰だよww」という声や、「アメトーーク始まる前のジャンバリましょうっていうCMがSMAPに見えてしょうがなかったな」「不快」「ジャンバリTVのパロCMが酷すぎる。不謹慎だし不適切だしそもそも面白くない」「ジャンバリのCMめっちゃSMAPの公開処刑いじってるやん」という批判的な声もあがっており、特に問題視されているエピソード2は高評価28に対して、低評価が421となっています(5月3日13時30分時点)。

 CMを制作した三協エージェンシーに、どういう意図で制作されたのかなどについて取材を申し込みましたが、担当者がお休みしているとのことでした。

 今後は公開が予告されている新曲「ジャンバリましょう」が公開されるとみられていますが、SANKのメンバーがどのような物語を紡ぐのか展開に注目が集まります。

最終更新:5/4(木) 16:15

ねとらぼ