ここから本文です

ANA機内で暴れたアメリカ国籍の男性、降機を求められて職員に暴行 現行犯逮捕され送致

ねとらぼ 5/3(水) 18:06配信

 5月1日夕方ごろ、機内でトラブルを起こして降機させられた40代のアメリカ国籍の男性が、全日空の男性職員への傷害容疑で現行犯逮捕。5月3日に送致されていたことが分かりました。

【画像:激しく殴り合う乗客と騒然とする機内】

 最初のトラブルが起こったのは、成田空港発ロサンゼルス行きの全日空6便ボーイング777機。赤いアロハシャツを着た外国人男性と黒いTシャツを着た外国人男性が互いにパンチを繰り出しあい、機内が騒然となったとのこと。

 この様子はFacebookなどにも投稿されており、約1分20秒の動画内では、激しい殴り合いから逃れるように座席を移動する乗客の様子や、二人の間に仲裁に入るキャビンアテンダントの姿が写っており、機内には赤ちゃんの泣き声が響いていました。

 このうち片方の男性が降機を求められたとのことですが、空港内で再び全日空の男性職員に暴力をふるい、現行犯逮捕されました。成田空港警察署によると、けがをした男性職員は軽症、アメリカ人男性は5月3日に送致されたとのことです。警察は動画内のどちらの男性が逮捕されたのかは明らかにしていませんが、逮捕された男性が飲酒していた事実を明らかにしました。

 なお撮影者は「彼がなぜ暴れたのかは分からない」とのことですが、海外メディアに対して、撮影を途中で止めて仲裁に入ったと語っています。

 また当時は雷雨が発生していたため遅延が発生していたことも分かっており、このトラブルによってさらに遅れが発生したとの情報もあります。

最終更新:5/4(木) 16:10

ねとらぼ