ここから本文です

18年ぶり復活『フェスタしずおか』 “ミスターフェスタ”西城秀樹の参戦決定

オリコン 5/4(木) 6:00配信

 歌手の西城秀樹(62)が、8月19日、20日に静岡市葵区駿府城公園で開催される『駿府城夏まつり 超ドSフェスタしずおか』(静岡新聞社・静岡放送)の音楽ステージに18年ぶりに登場することが、明らかになった。4日に「フェスタしずおか」実行委員会が発表した。

【画像】「フェスタしずおか」過去の模様

 毎年注目の歌手が多数出演し、1972年から1999年までの28年間にわたり開催してきた「フェスタしずおか」。昨年、静岡新聞が創刊75周年、今年は静岡放送が開局65周年を迎え、周年のキャッチフレーズ「超ドS~これまでの自分を超えろ」を掲げて、さまざまな事業を展開してきたが、その集大成として『超ドSフェスタしずおか』の開催が決定。さらに、西城の出演も決まった。

 48歳だった2003年、56歳だった2011年に脳梗塞を発症し、2度目の脳梗塞では右半身まひという後遺症を負ったが、再びファンに自分の歌を届けたいと苦しいリハビリ生活を継続してきた西城。「フェスタしずおか」に出演していた当時は“ミスターフェスタ”と呼ばれ、イベントの象徴的な存在だった西城が18年ぶりに「フェスタしずおか」のステージでパフォーマンスを披露する。

 なお、イベントでは、アーティストやアイドルによるステージ「Music」のほか、首都圏と静岡県内の有名カレー店が集結する「Food」、駿府城の天守を実感する「Culture」、そして中堀を使って城址をめぐる「Boat」の4つのカテゴリーを柱に展開する。

最終更新:5/8(月) 10:46

オリコン