ここから本文です

スガシカオ 20周年フェスに1.8万人熱狂 ミスチル&ポルノらと豪華共演「最高の時間だった」

オリコン 5/6(土) 21:41配信

 デビュー20周年を迎えた歌手・スガシカオ(50)が6日、さいたまスーパーアリーナでスペシャルイベント『SUGA SHIKAO 20th Anniversaryスガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~』を開催した。節目を祝う演目の中には、自身が作詞を手がけ、“封印宣言”で話題となったSMAPの代表曲「夜空ノムコウ」もラインナップ。アーティスト仲間たちとのコラボレーションという形で解禁し、集結したファン1万8000人を熱狂させた。

【ライブ写真】ミスチル、ポルノらがスガシカオと豪華共演

 トップバッターを務めたロックバンド・怒髪天が、出番のラストに選んだのは「夜空ノムコウ」だった。“カラオケ演奏”という趣向を凝らしたパフォーマンスに観客が大きく沸くと、たまらずスガも途中参戦。同い年で親交も深いボーカルの増子直純と息の合ったデュエットで歌い上げた。

 2度目の披露はライブ中盤。山村隆太(flumpool)、高橋優と共に結成したユニット“スガンプーユ”の1曲目に「夜空ノムコウ」をセレクトした。アカペラで歌い出すと、思わず観客たちも「おぉ~!」と声を漏らし、アコースティック演奏に聴き入っていた観客から温かい拍手と歓声が送られると、スガは「楽しい」と頬を緩ませた。

 そのほか、スガシカオが参加するバンド・kokuaをはじめ、Mr.Children、ポルノグラフィティ、THE BACK HORN、水樹奈々、UNISON SQUARE GARDEN、SKY-HI、RADIO FISHらの出演が続く。稲川淳二、ふなっしーらユニークなゲストも駆けつけ、長丁場ながらファンに飽きる暇を与えないほど、夢の共演が続々と実現した。

 ポルノグラフィティは「アゲハ蝶」「ハネウマライダー」、Mr.Childrenも「Tomorrow never knows」「終わりなき旅」と、代表曲を惜しみなく披露。桜井和寿が「なんとかスガシカオになりきろうと思ってサングラスをかけてきました」とリスペクトを告白すると、スガは「似合ってるよ!」と笑いながら「ミスチルの演奏で歌っちゃったよ。すげーうれしい!」と声を弾ませていた。

 豪華コラボの連続に会場の誰よりも興奮しきりだったスガ。自らトリを務めるためにステージに上がると「すばらしいアーティストとお客さんに囲まれて、俺はアーティストハタチを迎えました。自分の選んだことが間違いじゃなかったんだと、きょう確信しました」と感慨深げ。この日一番の歓声を浴びると「ミュージシャンになって一番最高の時間だった。ありがとう!」と充実の表情を浮かべ、最後までフルスロットルで熱唱。初の主催フェスは大盛況のうちに幕を下ろした。

最終更新:5/8(月) 10:50

オリコン