ここから本文です

アイデアにダメと言わない。「富士そば」会長の経営スタイル

ホウドウキョク 5/3(水) 6:30配信

弁当屋からスタート

そんな眠らぬそば屋をつくった男の原点は弁当屋だったという。

丹会長は10代から20代前半にかけ何度か上京と帰郷を繰り返し、東京の栄養士専門学校を卒業。病院の給食センターなどで働いたのち、食品関連の会社に入社。そこの会社が弁当屋を経営していたことをきっかけに自身も弁当屋として独立を果たす。

「母が東京にきたタイミングで家を買って、そこの軒先で弁当屋を開いた。広さは4.5坪で従業員は3人。当時はテレビや自動車に使うネジや部品をつくる工場で働いている人がたくさんいて弁当は飛ぶように売れた。自分の気取らない人柄もあってか、予期せぬトラブルが起きても周りの人が手を貸してくれた。配達用の車がパンクしたときには霊柩車を貸してくれる人がいてそれで配達にいったよ」

高度成長期の追い風とその人柄もあり、経営者として好調な滑り出しをした丹会長。タケがはじめて読んだ富士そばの記事には「従業員にやさしい会社」と書かれてあった。その理由のひとつに丹会長の“気取らない人柄”があるのではないだろうか。

「いろいろ経験しているから従業員の気持ちはすごくよくわかる。みんな頭がいいのに給料が安いと安い分だけしか働かない。力を出し切らない。母からも“お金が欲しければ独り占めにしてはいけない”といわれていて、できるだけ多く配分しようという経営方針は初めから決まっていた」

若さの原動力

丹会長は現在経営の大部分を息子に任せているが、80歳を超えても時間をみつけて店回りなど積極的に行うという。その若さの原動力について聞いてみた。

「若さの秘訣はなんといっても気持ち。気持ち的にはまだ65歳くらい。鍛えて気持ちをしっかり持っていないと退化して老けてしまう。毎朝、ラジオ体操、つま先立ち歩き、吹き矢、ゴルフの素振りなどいろいろな方法で鍛えている。ヨボヨボになっている自分に腹が立つ」

叱らない教育

長い時間をかけて積極的に店舗数を拡大してきた富士そば。店舗数が増えればもちろん社員や従業員の数も必然的に増える。そんななか丹会長はどのように経営の舵を切り、多くの人材を動かしてきたのだろうか。

「あまりあれこれしろと言わず、一言“上手くやれよ”と言う。叱るということはほとんどない。逆に生活の事情で困っている従業員がいたら助けてやれと言う。みんなできる前提で話をすすめるからダメな人でもやらなくちゃいけなくなり、いい方向にもっていける。できない人がいたらできる人がカバーすればいい。チームワークでうまいこといく。」

“ダメと言わない”。これが丹会長の経営方針の根底にある。

「富士そばが業界でどの位置にいるのか。常に食べ歩いて把握するようにしている。そのなかで生き残るために社員が持ってきたアイディアにダメということはない。そばにトーストやたこ焼きを入れると言われたときも否定はしなかった。売れなかったらやめればいいし、NOといってアイディアが出てこなくなるほうが怖い」

2/3ページ

最終更新:5/3(水) 6:30

ホウドウキョク