ここから本文です

社会が「右傾化」しているから、自民党が勝っているは本当か?

2017/5/3(水) 9:52配信

BuzzFeed Japan

きょうは憲法記念日。一強状態で安倍政権の支持率も安定し、選挙も勝利続き。これは社会が「右傾化」しているからなのか?見落とされている原因がある。【石戸諭 / BuzzFeed】

北朝鮮の「日常」を写した23枚の写真

自民党が右傾化した、という声を聞く。悲願の憲法改正も視野に入り、一強状態である、と。改憲草案を見ても、右派的な理念は強く打ち出されている。これは国民が支持したことなのか?

最近の政治学の研究から見えてくるのは、まったく別の理由だ。

野党時代、2012年に発表した自民党憲法改正草案では天皇の元首化、国防軍の保持や、家族条項の改正といった、右派的な理念が強く打ち出された案が並ぶ。

草案を発表して以降、自民党は選挙戦で連続して勝利を収め、憲法改正の発議が可能になる国会議員数を政権与党で確保しているーー。

この事実だけ見ると、国民が選挙戦で「右傾化」路線を支持しているようにみえるが、どうだろうか?

参院選真っ只中だった、2016年夏のことである。ある自民党の国会議員とこんな会話をした。

「メディアの人たちは一強っていうが、本当なのだろうか。どこ回っても全然手応えがないんですけどね」

去年の参院選では改憲のために必要な議席数を確保できるかが争点だった。

私は「憲法はどうなんですか?」と聞いた。

「いや、憲法の話をしても票には……。やっぱり経済を打ち出さないと。野党に救われてるところもありますよ」

閣僚経験もある別の自民党議員に言わせるとこうなる。

「小泉政権に比べると、積極的な支持を感じない」

選挙の勝利は、自民党の強さや右派的な理念というより、野党の弱さに救われているのではないか、というのが彼らの考えである。

自民党が「右傾化」したのは確か

自民党の右傾化について、ある研究が注目されている。

政治学者の中北浩爾・一橋大教授(現代日本政治論)が検証したものだ。

著書『自民党 一強の実像』(中公新書)や論文「自民党の右傾化ーその原因を分析するー」(『徹底検証 日本の右傾化』収録、筑摩書房)で、中北さんはこんな見方を示す。

自民党の憲法改正をめぐる方針や、国会議員を対象にした研究などを検討した結果、
2000年代以降の「自民党がナショナリズムを強調するという意味で右寄りに変化した、つまり右傾化したことは確か」(中北論文より)である。

しかし、原因は世論全体が右傾化し、票を獲得するために自民党も右傾化したということではない。

1/3ページ

最終更新:2017/5/3(水) 9:52
BuzzFeed Japan