ここから本文です

ダニエル太郎 3時間近くのロングマッチ制して初戦突破<男子テニス>

5/3(水) 12:31配信

tennis365.net

エストリル・オープン

男子テニスのエストリル・オープン(ポルトガル/エストリル、レッドクレー、ATP250)は2日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク113位のダニエル太郎が同89位のR・オリヴォ(アルゼンチン)を7-6 (7-2), 4-6, 7-5のフルセットで破り、初戦突破を果たした。

【試合中、蜂に刺されるも優勝】

この日、ファイナルセットでオリヴォにブレークを許す苦しい展開から2時間55分のロングマッチを制したダニエル太郎は、2回戦で予選勝者のB・フラタンジェロ(アメリカ)と対戦する。

今シーズン、ダニエル太郎は3月に下部大会のコパ・シティ・ティグレ(アルゼンチン/ティグレ、ハード、ATPチャレンジャー)で優勝。その決勝戦では蜂に刺されるハプニングが起きる中、元世界ランク21位のL・メイヤー(アルゼンチン)をフルセットで破ったことを自身のフェイスブックで明かしている。

この日、その他では前週のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)で大活躍を見せたの杉田祐一は第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)にストレートで敗れ、2回戦進出とはならなかった。

シード勢では第6シードのJ・ソウサ(ポルトガル)、第7シードのK・エドモンド(英国)が初戦で姿を消した。

tennis365.net

最終更新:5/3(水) 12:35
tennis365.net