ここから本文です

【F3ヨーロッパ】今季初参戦のミック・シューマッハー、5レース目で3位入賞

5/3(水) 19:00配信

motorsport.com 日本版

 ミハエル・シューマッハーの息子であるミック・シューマッハー(プレマ)F3ヨーロッパ選手権第2戦モンツァのレース2決勝で3位に入賞した。よって彼は年間ランキングで5位に位置している。

シューマッハーの息子ミック。あどけないものの、顔はどことなく父に似ている

 またミックは、予選で彼のチームメイトであるカルム・アイロットのタイムを凌ぎ、0.657秒差をつけた。

 レース前に、5回目のレースで表彰台に登れると期待していたどうかミックに尋ねたところ、彼は次のように語った。

「想定外だよ。僕は予選に苦手意識を持っているのだけど、今回は良い予選タイムが出た。その点では改善することができて嬉しく思っている」

「トップ5に入れるところまで、タイム改善することができたんだ。この調子が続けばなおのことハッピーだ」

 ミックは、レース序盤でカーリンのランド・ノリスに交わされるまで2番手を走行していた。

「僕は彼(ノリス)が迫ってくるのがわかっていたんだ」とミックはその時の状況について説明した。

「フォルクスワーゲン(ノリスのマシンのエンジン)は、高速サーキットであるモンツァで実力を発揮して、本当に速かった」

「彼は最初のシケインで僕に少し触れていた。その時僕は、難しい状況に立たされていることを理解したんだ。彼は非常に速かったから、僕は戦うことができなかった」

「(優勝を果たした)ジョエル(・エリクソン/モトパーク)には追いつくことができると思っていたし、彼が(ノリスと)バトルするのならそれを利用できると睨んでいた」

「それでも良い気分だ。チームの本拠地であるモンツァで表彰台に登れて本当に嬉しい」

 プレマのチーム代表であるレネ・ロジンは、ミックの表彰台だけでなく、他のレースでの彼のドライブも印象的だったと言う。ミックは、レース1で9番グリッドからスタートし6位になり、レース3では12番グリッドから6位にジャンプアップしてフィニッシュした。

「彼は予選からとても素晴らしい仕事をしていた」

「彼のレースに関して、心配はしていなかった。オーバーテイクする時やミスが目立ち始めたりすると、我を忘れてしまったりするものだ。しかし、彼はそのようなこともなく、むしろ落ち着いており、良い結果を持ち帰った」

「彼の週末にはとても満足している」

Marcus Simmons