ここから本文です

明暗分かれた2人 元リヴァプールMF「グリーズマンが1億ポンド?ならロナウドは2億ポンドだ!」

5/3(水) 21:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

輝きを放ったのはロナウド

バイエルン戦に続くハットトリック。レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウドのシーズンラストスパートが凄いことになっている。ロナウドはチャンピオンズリーグ準々決勝のバイエルン戦でも2試合で5得点と大暴れだったが、2日に行われた準決勝アトレティコ・マドリード戦の1stレグでもハットトリックを達成。チームを3-0の快勝に導いた。

次期世界最高の男・ネイマールの今季は”自己犠牲”がテーマ!?

そんなスーパースターの活躍を同じピッチで見ていたのがアトレティコ・マドリードFWアントワーヌ・グリーズマンだ。グリーズマンは今夏の移籍市場でも主役候補の1人となっており、マンチェスター・ユナイテッドなど複数のビッグクラブが異常なほどの札束を用意していると言われている。

しかし、かつてリヴァプールやレアル・マドリードでプレイしたスティーブ・マクマナマン氏は今回の一戦でロナウドとグリーズマンの差が表れたと捉えているようで、グリーズマン獲得に1億ポンドは必要といった論調に疑問を投げかけている。

英『Daily Mail』によると、同氏は「グリーズマンが1億ポンドの選手と言われているが、今日彼は何かしたか?何もしてないよ。もし彼が1億ポンドというなら、ロナウドは2億ポンドだ。違うかい?」とコメントしており、グリーズマンの価格が適正でないことをアピールしている。

もちろんグリーズマンにはまだ挽回のチャンスが残されており、2ndレグでロナウドのようにハットトリックを決めることも不可能ではない。このまま黙って終わってしまえば次期スーパースターとは呼びにくいかもしれないが、1億ポンド級とも言われる男は意地を見せられるか。

http://www.theworldmagazine.jp/