ここから本文です

トップ4入りで安心の“プレミアBIG4“に闘将が恥を知れと喝! 「バルサやレアルが4位で喜ぶか?」

5/3(水) 22:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

いつしかトップ4で満足できる時代に

何とかトップ4を確保しろ!現在のプレミアリーグではチェルシーの優勝が濃厚となり、その他のアーセナルやリヴァプール、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブはトップ4入りに必死になっている。ひとまずはトップ4入りが目標となり、それさえクリアできればといった空気もある。

サッカーから”ダイブ”を無くせ!

これに呆れているのが元マンチェスター・ユナイテッドの闘将ロイ・キーン氏だ。英『Daily Mail』によると、同氏はリヴァプールやマンUなどプレミアリーグを何度も制してきたビッグクラブがトップ4入りを1つの目標としていることにイライラしているようで、恥を知れと厳しく批判している。

「リヴァプールやユナイテッドのようなクラブがトップ4入りで喜んでいるところを見るとうんざりするね。レアル・マドリードやバルセロナなど、他のビッグクラブが4位で喜ぶか?しっかりしろ」

同氏は中堅クラブがトップ4を喜ぶのは良しとしながらも、アーセナル、チェルシー、マンU、リヴァプールが喜ぶことは許せないようで、恥を知れと厳しく批判している。これらのクラブはプレミアBIG4と呼ばれたクラブで、同氏の中ではリーグ制覇以外は失敗との認識なのだろう。近年はアーセナルやリヴァプールがトップ4争いをしていることが普通になってしまっているが、クラブと選手たちはもう少し恥ずかしいとの思いを抱くべきか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合