ここから本文です

広島の“ニンジャ”菊池が美技披露! 捕球後倒れ込みながら送球アウト

5/3(水) 16:19配信

Full-Count

6回に井領の難しい打球で好守、客席から歓声沸く

 広島の菊池涼介内野手が3日、本拠地での中日戦で美技を披露した。

 3点リードの7回表、1死一塁の場面だった。打席に立った中日・井領は、広島3番手・一岡が2ボールから投げた3球目の外角フォークを振った。叩きつけるように打たれたボールは高くバウンドしながら二塁守備に就く菊池の方角へ飛んだ。菊池は守備位置から猛ダッシュして打球を捕ると、前に倒れ込みながら一塁へじゃピングスロー。打った井領は一塁ベースへ疾走したが、菊池の送球が新井のミットへ収まるのが一瞬早く、アウトがコールされた。

 3月のWBCで好守備を連発し、メジャー関係者から“ニンジャ”と注目を浴びた菊池。その美技に見慣れたであろう本拠地ファンも、惜しみない拍手を送った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/3(水) 16:32
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 19:00