ここから本文です

楽天エース則本が9回途中12K2失点で今季3勝目 茂木は6号2ランで援護

5/3(水) 16:52配信

Full-Count

8回までオリックス打線を零封も、9回にT-岡田に2ラン浴びる

 楽天は3日、本拠地でのオリックス戦に4-2で勝利した。この日はエース則本が9回途中を7安打12奪三振2失点と好投し、今季3勝目を飾った。

 今季5戦目の先発に臨んだ則本は、2回こそ1死二、三塁の失点危機を招いたが、その後はオリックス打線を寄せ付けず。8回まで4イニングを打者3人で締め、散発の5安打、毎回の12奪三振で圧倒した。だが、マウンドに戻った9回、先頭・小谷野を中前打で出塁させると、続くT-岡田に右中間へ2ランを運ばれ、2点を失った。最後は守護神・松井が締め、11セーブ目を挙げた。

 打線は2回に1点を先制すると、6回に敵失をきっかけに銀次の適時打で2点目を追加。7回には茂木がオリックス先発の松葉から今季6号2ランを放ち、点差を広げた。

 オリックスは松葉が7回6安打4失点と力投したが、打線が沈黙。9回にT-岡田の2ランで2点差まで追い上げたが、一歩及ばなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/3(水) 16:57
Full-Count

スポーツナビ 野球情報