ここから本文です

中日ミス見逃さぬ投打かみ合った連勝に広島緒方監督「ナイスゲーム!」

5/3(水) 19:39配信

Full-Count

5番に入った新井は本塁打含む3安打「頼もしいよね」

 広島は3日、マツダスタジアムで行われた中日戦に7-4で勝利した。前夜に続いての相手ミスに乗じた逆転勝ちに、緒方監督は「ワンチャンスをものにする打線の集中力がすごい」と打線を称賛した。

広島、過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 プロ初先発の中村祐が2回までに2失点し、4回に新井の2ランで同点に追いついた後、追いつ追われつの展開になった中盤の5回。この回先頭の會澤がサードのエラーで出塁すると、続く天谷の送りバントを処理した吉見の三塁送球を、ゲレーロが捕球ミスでまず1点。さらに丸のタイムリーで1点を勝ち越し、その後も追加点を重ねて中村祐がプロ初勝利を記録した。

 緒方監督は「昨日と同様にミスにつけ込んだ得点の形になった。中村祐は初登板で100球投げて、不安定なところもあったけど、野手がまた頑張ってくれた」と連勝に笑顔も見せた。

 6回に相手を突き放す2ラン本塁打を放った會澤について、「今は投手のリードで頭がいっぱいの中で、打撃の数字が出ていないけど、その中で若いピッチャーをよく引っ張るのが彼の仕事。そこから彼の持ち味である打撃で成績を残せればいい」と守備面での貢献を評価した。

 5番に入って3安打、本塁打も放った新井に関しては「打ったね。頼もしいよね」と満足気な表情で、最後は「ナイスゲーム!」と、力を込めて会見を締めくくった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:5/3(水) 19:39
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ