ここから本文です

佐々木希、「コメディへの思い強く」 唐沢寿明との共演で視野広がる

5/3(水) 7:20配信

クランクイン!

 唐沢寿明と窪田正孝の刑事コンビが、はちゃめちゃなことを繰り広げるテレビドラマ『THE LAST COP ラストコップ』が『ラストコップ THE MOVIE』として帰ってきた。ドラマ最終回では“伝説の生放送”として、その存在をテレビ界に刻銘に刻んだが、映画ではいったいどれだけスケールアップしているのだろうか。本作で唐沢演じる京極浩介の実の娘にして、窪田扮する望月亮太の恋人役・鈴木結衣を演じた佐々木希に、映画の見どころや、本作を経験したことによって得たことなどを語ってもらった。

【関連】「佐々木希」インタビューフォトギャラリー


 連続ドラマ最終回、一部が生放送になった『THE LAST COP ラストコップ』。その破天荒な展開は大きな話題になった。「本当にあの放送ははちゃめちゃでしたね。一応事前にリハーサルをしたのですが、あまりしっかりやりすぎると固まってしまうからって唐沢さんがおっしゃっていたので、そこまで厳密なリハーサルはやらなかったんです。結果、本番も全然リハーサル通りには進まなかったです(笑)。でもすごくハラハラして面白かったです」と放送当時を振り返った。

 これまでも数多くのドラマや映画に出演している佐々木が「すごく独特」と語るように、『THE LAST COP ラストコップ』の現場は特別な空間だったようだ。「とにかくスタッフさんが生き生きしていて、みなさんが“どうやったら面白くなるか”を考えているんです。『ありえないでしょ』っていう場面に直面しても『ラストコップだからいいよね』となるです。面白いことを真剣に突き詰めている姿はすがすがしく、毎回現場に行くのが楽しみでした」。

 そんな現場の良い雰囲気を中心となって作り上げているのが唐沢だ。窪田をはじめとする若手俳優からの信頼も厚い。佐々木にとっても、頼れる存在だったようで「『こうしたら面白いんじゃない?』と自分では想像もつかなかったようなアイデアを提案してくださったり、一つのセリフでも、奥深くまで考えていらして、いかに面白くなるかアドバイスしてくださったりしました」と多くのことを引き出されたという。


 こうした現場での経験が、佐々木にも大きな気持ちの変化を引き起こした。「もともとコメディへの憧れはあったのですが、この作品では、これまで経験のないような、例えば『コマネチ』などのギャグを取り入れたり、京極さんと結衣が入れ替わるシーンでは、京極さんが普段しているように脚を広げて座ったり……と様々なチャレンジをさせていただきました。最初は恥ずかしい気持ちもあったのですが、挑戦してみると面白くて、よりコメディへの思いが強くなったんです」。

 観ている人が元気になったり笑顔になったりするような作品を作りたい――。そういう映画に携われるなら「色々な演技に挑戦したいと思うようになったんです」と目を輝かせて語った佐々木。今年が20代最後の年になるが「これまでに経験したことがないような役柄にも挑戦して、自分の殻を破ってみたい」と意欲をみせる。

 「かなり崩されるような役柄でも大丈夫ですか?」という質問にも「全然大丈夫です!」と、本作の現場を経験したことで、いろいろな意味で視界が広がったという。

 伝説の生放送を経ての劇場版の公開。亮太と結衣の恋の行方も気になるが「ドラマでもアクションシーンやすごい迫力の映像がありましたが、映画はもっとスケールアップしています。相変わらずおバカなことをやり倒しているのですが、その中で急にしんみりしたりホロっとさせられたりするところもあります。私は撮影しながらも本当にぐっときて自然と涙が出たシーンもありました」と見どころを語った佐々木。さらなる続編についても「映画のあとも気になる展開。続き(の台本)を書いてくださらないかなって思っているんです」とやる気満々だった。(取材・文・写真:磯部正和)

 映画『ラストコップ THE MOVIE』は5月3日より公開中。