ここから本文です

ハミルトン、ロシアGP決勝のペース不足に危機感、早期の原因究明を決意

5/3(水) 11:00配信

オートスポーツweb

 メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1ロシアGPのウイークエンドを通じて説明が難しいペース不足に悩まされたが、次戦のスペインGPまでには原因を突き止めると語っている。

ボッタスの隣で硬い笑顔のハミルトン

 ロシアGPでは、チームメイトのバルテリ・ボッタスが素晴らしいパフォーマンスを見せて、キャリア初のF1優勝を飾った。一方のハミルトンはバランスを欠き、マシンのオーバーヒートに見舞われて、4位に終わった。

 メルセデスが今回2台とも同じセットアップで臨んでいたことが、状況をより複雑にしている。

「今は原因を説明できないが、問題を完全に理解するために今週作業するよ」とハミルトンは語った。

「決勝と予選を走って感じた自分なりの考えは持っているんだけど、きちんと解明するためには多くの作業が必要だと思う」

 決勝では良いスタートを切り、ターン2でフェラーリのキミ・ライコネンに迫る走りを見せたハミルトンだが、前方のセバスチャン・ベッテルがブレーキを踏んだことで、その後ろに閉じ込められる形となり勢いを失ってしまった。

 これでハミルトンはスタートで4番手のまま順位を上げられず、フェラーリ勢を追う中でエンジンを冷却する必要が生じたため、パフォーマンスはさらに妨げられた。ハミルトンは、表彰台のチャンスはレースのかなり序盤で消えた、と以下のように語っている。

「5周目以降は、スローダウンして4位をキープすることしかできなかった」

「セッティングもパワーユニットもかなり弱めた。オーバーヒートのために、気筒のひとつも切ったんだ。だから、かなり早い時点で4位より上には行けなくなっていたんだ」 

「(土曜の予選から)決勝まであまり変わらずに遅かった」


「多分、上位陣ともある程度は戦えたとは思う。ただ、それを長く続けられたかといえば……このセットアップではおそらく無理だった」

「オーバーヒートのためにスピードを落としたんだ。1周あたりコンマ7秒か、あるいは1秒近く遅くなっていたかもしれない」

 この結果、ドライバーズチャンピオンシップでは現在、ハミルトンはライバルのベッテルに13ポイント差を付けられている。

 しかし、ハミルトン自身はロシアGPでのペース不足を理解することの方がよほど重要であると語った。

 チャンピオンシップの行方について、ハミルトンは「今は考えていない。重要ではない」とし、こう話した。

「このウイークエンドでスピードが出なかった原因を追求すべきだ。セットアップの何が悪かったのかを突き止め、次のレースで戦えるようにすることが大事だ」

「そこまでの道のりは長いが、僕はまだチャンピオンシップの2番手だ。世界が滅びたわけじゃない。だけど次のレースまでに以前のペースを取り戻す必要があるね」 

[オートスポーツweb ]