ここから本文です

C・ロナがCL2戦連続のハットトリック!…レアルがマドリード・ダービー先勝

5/3(水) 5:37配信

SOCCER KING

 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグが2日に行われ、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードが対戦した。

 昨年の決勝カードでもあるレアルとアトレティコによる“マドリード・ダービー”。CLでは4年連続の実現となった。第1戦をホームで迎えたレアルは、史上初のCL連覇に向けて先勝を狙う。一方のアトレティコは3年連続でレアルにCL初優勝の夢を打ち砕かれており、今年こそ雪辱を晴らしたいところ。

 レアルはクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、セルヒオ・ラモスらが先発出場。ペペとギャレス・ベイルが負傷欠場で、代わりにラファエル・ヴァランとイスコが起用された。一方のアトレティコはアントワーヌ・グリーズマン、ケヴィン・ガメイロ、サウール・ニゲスらがスタメン入り。ケガの影響が心配されたヤニック・フェレイラ・カラスコを先発メンバーに名を連ねた。

 試合は開始10分、攻勢に出ていたレアルが先制に成功する。S・ラモスの右サイドからのクロスは相手DFにクリアされるが、セカンドボールをペナルティエリア内右のカゼミーロがダイレクトで折り返すと、中央のC・ロナウドがヘディングシュートを叩き込んだ。

 レアルは16分、左CKでトニ・クロースのボールに中央のヴァランが頭で合わせると、シュートは枠の右隅を捉えるが、相手GKヤン・オブラクの好セーブに阻まれる。追い付きたいアトレティコは17分、コケからのスルーパスでガメイロがエリア内に抜け出すが、相手GKケイロル・ナバスをかわし切れず、シュートまで持ち込めない。

 レアルは29分、C・ロナウドが左サイドから鋭いクロスを送ると、中央のベンゼマがオーバーヘッドキックで狙うが、シュートはクロスバー上に外れた。40分、カゼミーロが相手CKの空中戦で唇を切って出血したため、ピッチ脇で治療を受け、カーゼを咥えながらプレーを再開した。45分にはさらにアクシデント。ダニエル・カルバハルが負傷によりピッチを後にし、そのまま前半終了となった。

 レアルは負傷したカルバハルの代わりに、ナチョ・フェルナンデスを投入して後半を迎えた。アトレティコは57分、ガメイロとサウールを下げて、フェルナンド・トーレスとニコラス・ガイタンを投入し、ゴールを狙う。68分には、レアルがイスコを下げてマルコ・アセンシオを、アトレティコがカラスコに代えてアンヘル・コレアをピッチに送り出す。

 再びスコアが動いたのは73分。エリア手前中央のベンゼマがDFを背負いつつボールを収めて横パス。フィリペ・ルイスと球際で競り勝ったC・ロナウドが、エリア内右で右足を振り抜き、シュートをゴール左上に突き刺した。リードを2点としたレアルは77分にベンゼマを下げて、ルーカス・バスケスを入れる。

 さらにレアルは86分、C・ロナウドのパスを受けたルーカス・バスケスがエリア内右へ突破し、マイナスの折り返しを入れると、ニアサイドのカゼミーロはスルー。すると、エリア内中央でフリーのC・ロナウドが余裕を持って右足シュートを流し込み、CL2試合連続のハットトリックを達成した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、レアルが3-0で先勝し、2シーズン連続の決勝進出に前進。アトレティコは4年連続の悪夢がよぎる敗戦となった。

 セカンドレグは10日にアトレティコのホームで行われる。

【スコア】
レアル・マドリード 3-0 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1-0 10分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
2-0 73分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
3-0 86分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)

SOCCER KING

最終更新:5/3(水) 6:01
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報