ここから本文です

格が違う!! C・ロナウドがCL2戦連続ハット達成!! レアル、エース爆発でアトレティコに先勝

5/3(水) 5:38配信

ゲキサカ

[5.2 欧州CL準決勝第1戦 R・マドリー3-0A・マドリー]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は2日、準決勝第1戦が開催され、レアル・マドリー(スペイン)とアトレティコ・マドリー(スペイン)によるマドリード・ダービーが行われた。前半10分、後半28分、同41分にFWクリスティアーノ・ロナウドがネットを揺らしてハットトリックを達成したレアルが、アトレティコに得点を許さずに3-0の完封勝利を収めた。なお、アトレティコのホームで行われる第2戦は10日に行われる。

 序盤からレアルがアトレティコゴールを脅かし、前半7分にはMFイスコとのパス交換からPA内に進入したDFダニエル・カルバハルが狙うもGKヤン・オブラクに阻まれ、こぼれ球に反応したFWカリム・ベンゼマのシュートもオブラクにストップされた。しかし同10分、CKの流れからDFセルヒオ・ラモスが送ったクロスははね返されながらも、セカンドボールに反応したMFカゼミーロのラストパスをC・ロナウドがヘディングで叩き込み、レアルが先制に成功した。

 攻撃の手を緩めないレアルは前半16分、MFトニ・クロースが蹴り出したCKからDFラファエル・バランが強烈なヘディングシュートを放つも、好反応を見せたオブラクに阻まれてしまう。一方のアトレティコは同17分、MFコケのスルーパスからFWケビン・ガメイロがPA内に進入したが、GKケイラー・ナバスに先に反応されてしまってシュートまで持ち込めず。同28分にはレアルが好機を創出するも、左サイドからC・ロナウドが送ったクロスからベンゼマが放ったオーバーヘッドはゴール右に外れてしまった。

 すると前半アディショナルタイムにレアルをアクシデントが襲い、MFサウール・ニゲスと空中で接触したカルバハルが落下時に足を負傷。後半開始時にDFナチョ・フェルナンデスとの交代を余儀なくされた。

 1-0とホームのレアルがリードしたまま後半を迎えると、後半12分に1点を追うアトレティコベンチが動き、FWフェルナンド・トーレスとMFニコラス・ガイタンが同時投入される。さらに同22分にはFWアンヘル・コレアをピッチへと送り込んで早々と交代カードを使い切り、追加点を奪えないレアルもイスコに代えてMFマルコ・アセンシオをピッチへと送り込んだ。

 すると後半28分に再びレアルのエースがゴールネットを揺らす。左サイドからDFマルセロが打ち込んだパスをベンゼマが体を張ってキープすると、ベンゼマのパスはDFフィリペ・ルイスに触れられながらもC・ロナウドの元へと届き、C・ロナウドが強烈な右足シュートを突き刺してリードを2点差に広げた。さらに同41分、右サイドをえぐったFWルーカス・バスケスの折り返しをC・ロナウドが蹴り込んでハットトリックを達成。準々決勝第2戦バイエルン戦でのハットトリックに続き、C・ロナウドはCL2試合連続でのハットトリックを記録した。その後もアトレティコの反撃を許さなかったレアルが3-0で先勝した。

最終更新:5/3(水) 6:04
ゲキサカ