ここから本文です

ビーチ日本、粘りみせるも及ばず…ブラジルに大敗で3大会ぶりのグループリーグ敗退

5/3(水) 10:31配信

ゲキサカ

 ビーチサッカー日本代表は2日、ビーチサッカーW杯のグループリーグ第3節でブラジル代表と対戦し(15分×3ピリオド)、3-9で敗れた。この結果、グループ3位で敗退が決まった。

 初戦はポーランドに9-4で勝利し、第2節は前回大会で準優勝のタヒチに善戦も3-4で敗れ、後がなくなった日本。第1ピリオドはオウンゴールもあり、ブラジルに2点を先行されたが、10分にFP大場崇晃が1点を返すと、12分にFP後藤崇介のゴールで同点。2-2で第1ピリオドを終えた。

 しかし、第2ピリオドは開始早々に勝ち越しゴールを許すと、2-5の22分にオウンゴールで1点を返したが、3-6で終了。第3ピリオドもブラジルの強さをみせるけられ、3失点を喫して3-9で大敗。2013年、2015年大会と連続で決勝トーナメント進出していたが、3大会ぶりのグループリーグ敗退となった。

 以下、試合記録とD組順位表

■ブラジル 9-3(2-2、4-1、3-0)日本
(日本のみ)
10分:大場崇晃
12分:後藤崇介
22分:オウンゴール

先発
GK 1 照喜名辰吾
FP 8 大場崇晃
FP 9 赤熊卓弥
FP 10 茂怜羅オズ
FP 11 後藤崇介
控え
GK 12 河合雄介
FP 2 鈴木将人
FP 3 原口翔太郎
FP 4 山内悠誠
FP 5 飯野智之
FP 6 小牧正幸
FP 7 田畑輝樹

■順位表
1.☆ブラジル(9)+12
2.☆タヒチ(6)+2
3.日本(3)-2
4.ポーランド(0)-12

最終更新:5/3(水) 10:31
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合