ここから本文です

湘南、今季3度目の2連勝で2位に浮上!菊地俊介のV弾で山口を一蹴

5/3(水) 20:36配信

ゲキサカ

[5.3 J2第11節 湘南1-0山口 BMWス]

 J2リーグは3日、第11節を行い、3位湘南ベルマーレはホームで19位レノファ山口FCと対戦し、1-0で勝利した。湘南は2試合連続の完封勝利を飾り、今季3度目の2連勝。首位横浜FCと勝ち点「23」で並び、得失点差で2位に浮上した。

 ホームの湘南はセットプレーから均衡を破る。前半44分、左CKの流れから、PA内右のMF菊地俊介がこぼれ球を拾い、ワントラップから狙い澄ました右足シュート。チーム最多となる今季5得点目をゴール右上隅に突き刺し、先制に成功した。

 1-0で前半を折り返すと、後半14分、共に交代カードを切り、湘南はMF齊藤未月、山口はFW加藤大樹を投入。その直後の同16分、湘南に決定機が訪れる。齊藤が後方からのフィードに素早く抜け出し、GKとの1対1から右足シュート。決定的な場面だったが、惜しくも右ポストを直撃してしまい、絶好のチャンスを生かせなかった。

 さらに後半29分、右サイドでFW山田直輝がFWジネイとのパス交換からスルーパス。抜け出した齋藤が猛然と駆け上がると、PA内右のライン際からマイナスのクロス。DF山根視来が右足を振り抜いたが、シュートは相手DFにブロックされ、これも追加点とはならなかった。

 山口は防戦一方となり、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。粘り強いディフェンスで湘南に追加点は与えなかったが、最後までゴールは遠く、0-1で敗戦。2連敗を喫し、今季6敗目となった。

最終更新:5/3(水) 21:11
ゲキサカ