ここから本文です

「この時期にこんなに」…J2名古屋vs京都に3万6755人、闘莉王や楢崎も感謝

5/3(水) 23:15配信

ゲキサカ

[5.3 J2第11節 名古屋1-1京都 豊田ス]

「この時期にこんなに…」。豊田スタジアムで行われた名古屋グランパス対京都サンガF.C.に観衆3万6755人が集まった。これはJ1を含めても、リーグ戦では豊田スタジアム史上2番目の記録になった。

 J2ではこれまでアルビレックス新潟が2003年11月23日に集めた4万2223人という数字が最多記録として残っている。しかし上位の記録はJ1昇格を決める一戦がほとんどで、ゴールデンウィークに組まれた注目決戦とはいえ、J2では異例とも言える数字だ。

 選手も感謝を語る。MF田鍋陵太が「紅白戦みたいだった」と振り返ったように、FW田中マルクス闘莉王ら名古屋にゆかりのある選手が多く在籍していたことが大いに影響しているが、その闘莉王は「この時期にこれだけの観客が来てくれるというのは、いろんなことやってきて良かったなと思います」と感謝を語る。サポーターから拍手が送られたことについても「温かい拍手も悪くない。こういった思い出も残していきたい」と笑顔だった。

 ただ闘莉王が「自分のところでチャンスが一回もなかった」と悔やんだように、結果は1-1のドローだったが、元同僚たちに仕事をさせなかったという意味では、名古屋が意地をみせた形だ。土壇場で追いついた展開について「何とか最後盛り返せる力を見せれてると思う」と評価したGK楢崎正剛は、「(闘莉王に)ゴールを許してしまえば喜ばれてしまうので、それだけはさせてはいけないと思っていた」とニヤリ。大観衆については「ホームゲームではJ2を戦っていてもJ1の時と同じ、それ以上の応援をしてくれている」と感謝してもしきれない様子だった。

▽名古屋、リーグ戦での豊田スタジアムの最多入場者ランキング
1 3万8966人 2014年5月3日 J1第11節 対C大阪(●1-2)
2 3万6755人 2017年5月3日 J2第11節 対京都(△1-1)
3 3万5617人 2002年11月30日 J1第2S第15節 対磐田(●2-3)
4 3万4471人 2002年8月3日 J1第1S第12節 対鹿島(〇2-1)
5 3万4436人 2008年5月3日 J1第10節 対G大阪(●1-2)

最終更新:5/4(木) 6:10
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合