ここから本文です

<楽天>防水性能向上の6.8型電子書籍端末発売へ

5/4(木) 16:44配信

まんたんウェブ

 楽天グループのRakuten Koboは2日、新型電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O Edition 2」を発表した。2015年2月から国内販売されている「Kobo Aura H2O」の後継機種で、より進化した防水機能などが特徴。ディスプレーは6.8インチの「Carta E Ink HD タッチスクリーン」を採用し、解像度は1440×1080ピクセル。日本では、前モデルと同一価格の1万8500円(税抜き)で23日に発売開始予定。また同日に、海外で先行販売されている軽量デザインの電子書籍リーダー「Kobo Aura Edition 2」の国内販売も開始する。

【写真】楽天・三木谷社長が英語で成功の秘密語る

 「Kobo Aura H2O Edition 2」は、水深2メートルで最大60分間の耐久が可能なIPX8等級の防水機能を搭載。端末の内部に塗布されたコーティング技術により、ポート(USBケーブル接続口)カバーなしに浸水に耐えることができ、入浴中やプールサイドでも安心して利用することができるという。

 また、読みやすさを追求したフロントライト技術「ComfortLight PRO」を搭載したことも特徴で、昼間の読書に適した明るい白色の昼光色から、ブルーライトの放出量を調節し、就寝前の読書に適したオレンジ色の電球色まで調節することができる。

 内蔵メモリは約8ギガでテキストベースの書籍で約6000冊分、またはコミック約120~300冊分を保存することができるという。本体のカラーはブラックで、サイズは縦172ミリ、横129ミリ、厚さ8.8ミリ。重さは207グラム。

最終更新:5/4(木) 16:44
まんたんウェブ