ここから本文です

韓国 けさのニュース(5月4日)

5/4(木) 9:01配信

聯合ニュース

◇大統領選の期日前投票始まる あすまで

 韓国大統領選(5月9日投開票)の期日前投票が4日、始まった。5日までの2日間実施される。全国3507か所に設置された期日前投票所で午前6時から午後6時まで投票できる。事前の手続きは必要なく、身分証があれば居住地以外の場所でも投票できる。大統領選での実施は今回が初めて。

◇米特殊作戦軍司令官「朝鮮半島有事の際に北の核施設を打撃できる」

 米特殊作戦軍のトーマス司令官は2日(米東部時間)、米下院の聴聞会で朝鮮半島有事の際に北朝鮮の核やミサイル、化学兵器など大量破壊兵器(WMD)施設を打撃し、無力化させる準備ができていると述べた。米国の保守系ニュースサイト「ワシントン・フリービーコン」が3日報じた。

◇30企業グループの接待費約3割減 「接待規制法」施行で

 韓国で公務員やメディア従事者、私立学校教員らへの食事接待や贈り物、慶弔費の上限を厳しく定めた「不正請託および金品など授受の禁止に関する法律」が昨年9月末に施行された後、主要30企業グループの接待費が30%近く減ったことが分かった。企業情報などを提供する韓国のウェブサイト、CEOスコアによると、主要30企業グループの系列会社のうち、昨年の接待費の内訳を公表した111社の昨年10~12月期の接待費は計212億8600万ウォン(約21億1000万円)で、前年同期比28.1%減少した。

◇サムスン会長など財閥総帥の年俸は「秘密? 」

 財閥総帥4人のうち、1人は上場会社の持ち株会社または系列会社に役員として登記されていないことが分かった。登記されていない役員は年俸公開の対象にならず、報酬などは分からない。金融監督院の電子公示システムによると、今年の事業報告書ベースで、26大企業グループの総帥のうち、8人は役員として登記されていなかった。8人にはサムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長も含まれている。

◇アリアンロケット

 ロケット打ち上げ世界大手、欧州アリアンスペースは4日午後(日本時間5日午前)、フランス領ギアナで韓国の通信衛星「KOREASAT」を打ち上げる予定だと発表した。同社のロケット「アリアン5」で打ち上げられる。

◇ソウル大の「ブランド」使用料は? 

 ソウル大の商標権はいくらなのか。同大学の産学協力団は、今年3月に「ソウル大の商標の管理に関する指針」を改正する際に、商標の使用料徴収率と精算基準を定めた。商標権が侵害された場合、損害額を算定できるよう自ら価値を明確にしたことになる。それによると、商標使用料は年に少なくとも2億ウォン(約1990万円)となる。

最終更新:5/4(木) 9:14
聯合ニュース