ここから本文です

稀勢の里の「無断欠席」、悪いのは「連絡忘れ」の田子ノ浦親方だけか

J-CASTニュース 5/4(木) 19:20配信

 横綱・稀勢の里(30)が稽古総見を「無断欠席」し、方々で物議を醸している。

 無断欠席の原因は、所属部屋の田子ノ浦親方(元前頭八枚目・隆の鶴、40)が日本相撲協会への連絡を忘れていたからだった。親方は批判を集めることになったが、一部からは協会に対しても「ぼんやりしすぎ」との声があがっている。

■稀勢の里に「自覚を持たないと」

 日本相撲協会の諮問機関・横綱審議委員会が主催する稽古総見は横綱審議委員が場所前に力士の稽古の様子や仕上がりをチェックするもので、毎年東京開催の1、5、9月の場所前に両国国技館で行われる。

 2017年も夏場所直前の5月3日に行われた。5月だけは毎年入場無料で一般公開しており、今回は19年ぶりに誕生した日本出身横綱である稀勢の里の人気もあって、前年より約1000人多い約8000人が集まった。徹夜で開場を待つ客もいたという。

 ところが、その稀勢の里が姿を見せなかった。当初は春日野・広報部長も「欠席理由は分からない」とし、稀勢の里に対して「自覚を持たないと。もう大関ではないのだから」と苦言を呈していた。

 それが実は田子ノ浦親方の「無連絡」が原因だったと発覚した。稽古総見を欠席するには、部屋の親方が事前に日本相撲協会に理由を含めて連絡する必要がある。4日付スポニチアネックスの報道によると、稀勢の里は2日夜に稽古総見欠席の意向を親方に伝えていたが、田子ノ浦親方は「僕の不手際。迷惑掛けてしまって申し訳ない」と連絡を忘れていたのを認めた。

 稀勢の里本人は無断ではなく、正式な手続きを経て欠席したつもりだったが、田子ノ浦親方がうっかりしてしまったということだ。春日野・広報部長も「(稀勢の里は)横綱としての自覚を持たないと」としつつ「(欠席するなら事前連絡するよう)『師匠』に言っておいてくれ」と稽古総見に出席した同門の関脇・高安に伝えたといい、親方の不手際を責めている。

1/2ページ

最終更新:5/5(金) 23:28

J-CASTニュース