ここから本文です

「またいつか真剣勝負を」サンド伊達、“よきお兄ちゃん”東京03とのKOC再戦望む

5/4(木) 12:00配信

お笑いナタリー

明日5月5日(金・祝)、東京03のラジオコント番組「働く大人たちの日常痛快コントショー 東京03の好きにさせるかッ!」(NHKラジオ第1)が放送される。コントパートとトークパートの収録を終えた東京03とサンドウィッチマン伊達が感想を語った。

【写真】左からサンドウィッチマン伊達、東京03飯塚、東京03角田、東京03豊本。(他1枚)

「働く大人たちの日常痛快コントショー 東京03の好きにさせるかッ!」は働く大人が日頃感じるイライラやあるあるを東京03がゲストと共にコントとして届ける特別番組。昨年12月に放送された第1弾が好評を博し、今度は伊達、泉谷しげる、声優の花澤香菜をゲストに迎えた。伊達が参加したパートのテーマは「ケータイ」。コントの脚本は前回から引き続き、テレビアニメ「おそ松さん」(テレビ東京ほか)などで知られる松原秀が手がけている。

気心の知れた様子で軽快にトークを弾ませた4人。芸人たちがコンビをシャッフルして創作ネタを披露する番組「ザ・ドリームマッチ」(TBS)以来だという合同コントでもテンポのよい掛け合いを披露した。内容はケータイショップでの店員と客のやり取り。飯塚は「伊達くんとやるならもっと掛け合いを中心にしたい」と一度できたネタを書き換えてもらうほどのこだわりようで、新しい台本によって発揮された伊達のツッコミを楽しんでいた。

スネークマンショーがきっかけでお笑い好きになったという伊達は、「官能小説みたいなもんですね。より興奮します」と想像を掻き立てるラジオコントの魅力をアピール。豊本も「一番いいやつを想像してもらえれば」とリスナーに呼びかける。普段ガラケーを使用している伊達が感情を乗せて演じるキャラクターと、無感情でまくし立てる東京03演じる店員たちの攻防を楽しもう。

伊達にとって、ネタを大事にする東京03は憧れの先輩であり同志。サンドウィッチマンが世に出る前からの付き合いで、「よきお兄ちゃん」と心を開いている。そんな東京03に伊達が「またいつか真剣勝負したい」と2本目のネタで東京03に逆転優勝を決められ、自身は2位に終わった「キングオブコント2009」のリベンジを望んでいることを明かすと、飯塚も「挑戦している間は優勝してそこから卒業したいって思うんですけど、いざ観る側になるとあの緊張感がちょっとうらやましかったりする」と賞レースで燃える気持ちを思い起こす。「ネタを売れるための1つの方法として思ってる人のほうが多いかもしれないけど、俺らはネタが好き。だからずっとやってたい」と語る飯塚に、伊達も大きく頷いた。

東京03は番組の第3弾にも期待。次回はサンドウィッチマン富澤を呼びたいと述べる飯塚と豊本に対し、角田は長澤まさみの出演を熱望する。「言い方とか注意できます?」と伊達に聞かれると、「長澤まさみさんが言えばなんだっていいじゃん。会えたってことが大事なんだから」としれっと答えてみせた。

働く大人たちの日常痛快コントショー 東京03の好きにさせるかッ!
NHKラジオ第1 2017年5月5日(金・祝)19:20~19:55 / 20:05~20:55
<出演者>
東京03
ゲスト:サンドウィッチマン伊達 / 泉谷しげる / 花澤香菜

最終更新:5/4(木) 12:00
お笑いナタリー