ここから本文です

日本初戦のセクシー・クイーンに“スマイル・クイーン”がしたアドバイスとは?

ゴルフ情報ALBA.Net 5/4(木) 18:36配信

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 初日◇4日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,670ヤード・パー72)>

セクシー・クイーンもスマイル・クイーンも!美女ゴルファーの競演を現地よりお届け!

日本ツアーデビューを果たした“セクシー・クイーン”ことアン・シネ(韓国)。初日は1バーディ・4ボギーの“75”。3オーバー53位タイでのスタートとなった。

「日本で関心度が高まっていることは聞いていました」とシネ。その分「期待されているなぁと。とても緊張しましたね。ルーキーのようにドキドキしていました」という。

そんなシネにアドバイスを送ったのがツアー3年目の“先輩”キム・ハヌル(韓国)。2年連続で賞金女王となっているイ・ボミ(韓国)とは話す機会に恵まれなかったというが、昨年早くもメジャーを制した“スマイル・クイーン”から金言をいただいた。

「ドキドキしないで招待選手としてやったら大丈夫。韓国だと思って頑張りなさい」。

それを聞いて大分肩の荷が下りたとのこと。それでも今日「相当ドキドキした」と言うのだから、1日当たりで歴代1位となるギャラリーからの期待によるプレッシャーは相当なものだった。

ちなみにハヌルからは、今季から参戦するシネとユン・チェヨン(韓国)に去年こんなアドバイスを送ったと聞いている。「“プロアマの前夜祭ではヒールの高い靴を履かないこと”。日本のパーティは立食形式などで立っていることが多いので、ヒールを履くと足が痛くなっちゃうから」。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/4(木) 18:36

ゴルフ情報ALBA.Net