ここから本文です

柏原明日架の好発進のワケは「0点を出さないこと」

ゴルフ情報ALBA.Net 5/4(木) 18:53配信

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 初日◇4日◇茨城ゴルフ倶楽部 西コース(6,670ヤード・パー72)>

柏原明日架は2つのポイント修正で“キレ”をゲット!【どこよりも早いスイング解説】

茨城ゴルフ倶楽部にて開幕した国内メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」。その初日、柏原明日架が4バーディ・ノーボギーの“68”でラウンド。4アンダー首位タイと好発進を見せた。

好発進の秘密は「0点のプレーをしない」ことを心がけたこと。「ショットもパターも60~70点を積み重ねていった感じですね。それがノーボギーにつながったと思います」。練習ラウンドの時に「大きなミスをしなければ順位は上がっていくだろうな」と感じていたという。

「この大会は順位的な目標は設定していません。何故なら成績だけでなく技術的なことを含めて今シーズンここまで良かったことは少なくて、悪かったことの方が多かった。今週は4日間0点のプレーをしないことだけ。そして上がったときに何位だったのか、という感じです」。好発進にもブレることなく自分を貫いていく。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/4(木) 18:53

ゴルフ情報ALBA.Net